それでも幸せな人はいるから

特別支援学級の担任をしていて感じたこと。幸せな子ども時代を過ごす子どもが一人でも多く増えるように

スポンサードリンク

もう一つのルーツ

引っ越しがあって、実家を片付けている「ハピペン」です。 最近、もう亡くなっているおじいちゃんの話を話題にする機会があった。 そこで聞いた話を書いておく。 どんな話かというと、うちってのはあんまりいい養育環境じゃなかったってのがあって、特に父親…

子どもは親の所有物ではない

引っ越しで思い出の品を整理している「ハピペン」です。 ほぼほぼ私事で恥ずかしいのだが、ちょっと書いてみよう。 引っ越しってことで、実家に少し行って荷物を整理している。 そこで、母が口をはさむ。まあ、それはいいんだけど、どこか苦しい。 「普通」…

読書記録のフォームづくり

思い返せばそもそも表現について気にしたことが少なすぎるんだよ、と思った「ハピペン」です。自分の在り方で許してくれる人たちに甘えすぎたんだ。 さて、現在ふたせんさん「小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜」と「ラクガ…

相模原障害者施設殺傷事件から1年(その2)

聞かれたことに答えられるようになりたい「ハピペン」です。そもそも聞けてなかったり、文脈を勘違いしたりしてしまう……。 これのつづき www.happypenguin.net 「毎日新聞」が障害者と家族の声と題して様々なエピソードを紹介している。 https://mainichi.jp…

相模原障害者施設殺傷事件から1年(その1)

雨も濡れてしまっていもいい!となると雨は楽しいと思った「ハピペン」です。外の体育倉庫を整理しました。雨の中エバーマットを二つ運んだなあ。 さて、今日で「相模原障害者施設殺傷事件」から1年ですね。 相模原障害者施設殺傷事件 - Wikipedia 検索する…

スポンサードリンク