それでも幸せな人はいるから

特別支援学級の担任をしていて感じたこと。幸せな子ども時代を過ごす子どもが一人でも多く増えるように

スポンサードリンク

「親和性」と「対話」(共創のためのメモ)

バスで都内観光な「ハピペン」です。 やっぱり、最近「ゴールの共創」や、メンバーの「最適解」などが気になっている。 先日の「価値観の違いを乗り越えるには?」への参加も似た動機がある。 www.happypenguin.net その「違い」を乗り越えるには、「対話」…

【ふり返り】1学期から2学期へ(今年変わったこと)

一人ではじめて入るカフェに踏み入れるときのドキドキってなんかいいなって「ハピペン」です。当たりのカフェを発見できて嬉しい。空いているし、電源がある。 今日で1学期が終わりです。【ふり返り】やっていこー!! 今年変わったこと 大きくは、勤務先だ…

プラスのストローク不足していませんか?

プラスのストロークってすげーな!って思った「ハピペン」です。 学校ってちょいちょいちょっとした間があって、子どもがざわつき出すときがある。支援の子はもれなく動き出すことが多く、その手持ち無沙汰感を埋めるために「プラスのストロークカード」を持…

4月→7月(なんか変身した?)

子どもの変容が大好物な「ハピペン」です。 今日は、朝の会で「夏休みまであと3日だけど、4月から7月になって、君たちなんか変身した?」と聞いてみた。 「私は、4月より7月になって、4月よりみんなと仲良くなれたと思っているんだけど……」と。 すると…

「価値観の違いを乗り越えるには?」

曇り空が心配でたまらない「ハピペン」です。 洗濯物運がない。それか見通しをもつ力がない。 昨日は、teachers'labの「まなびcafe」に行ってきました。 テーマは「価値観の違いを乗り越えるには?」です。 以下facebookページより引用 【限られた人しか助け…

【調査】「褒める・叱る」の調査をじっくり見てみた!

先週に入ってようやく積んでいたことが帰ってきた感じがする「ハピペン」です。 子どもたちが学んでいる「100より大きい数字、九九、日記、音読、協力、言葉を関連づける」、子どもたちが「できる」を実感しはじめていて、「できない→やりたくない」ではなく…

「注意されること」の教育効果

やっぱり、どうしても、学級内のダメ出しの声にイラつく「ハピペン」です。 本当になんなの!?特に、一部の子は注意されて一部の子は注意されないのがたまらなく嫌だ!ヒドイ! 座ってあいさつをするときの「気をつけ」のとき、日直からの「Sさん手をひざに…

アクティブラーニング(主体的で対話的で深い学び)の背景のおさらい(補足)【答申】より

肩の皮がものすっごい剥けて来た「ハピペン」です。やばい!汚い! さて3日連続。続き物です。 www.happypenguin.net www.happypenguin.net BGMはミスチルです。 誰も皆 悲しみを抱いているだけど 素敵な明日を願っている臆病風に吹かれて 波風がたった世界…

アクティブラーニング(主体的で対話的で深い学び)の背景のおさらい(後編)【答申】より

ゲリラ豪雨に毎回驚く「ハピペン」です。最初にゲリラ豪雨って言葉が出たとき、その年だけのことかと思ったよね?今はそれが当たり前の時代って感じ。毎年ゲリラ豪雨だもんね。梅雨は消えた。 つづきもの www.happypenguin.net やっぱりBGMはミスチルの「HAN…

アクティブラーニング(主体的で対話的で深い学び)の背景をおさらい(前編)【総則】より

子どもたちと思考ツールを使いはじめた「ハピペン」です。頭の外で思考する癖を子供につけてあげたいな、と思いました。 答申と総則から、アクティブラーニングの背景を抜粋します。 「なんのために」が抜け落ちて「主体的で対話的で深い学び」を語り出す自…

「人間関係形成能力」にズームイン!

久しぶりに4時台に起きられた「ハピペン」です。どうしても日中の眠気が不安になるけれど、今日はすっと起きられた。 今まで自分が育てようと思っていたことを一言で表すとなんなのだろう?と最近よく思う。なぜかと言えば、自分には誰かに伝えるための語彙…

「60点」のときと「100点」のとき

日曜朝のヒーロータイムの時間が変わるって聞いてめっちゃ驚いた「ハピペン」です。 戦隊ファンが困るんジャー! テレ朝の改編で「出勤前に見られない」 : J-CASTニュース 当たり前だったことも、やっぱり急に変わる時代なのだな、って実感(えっ、ここで?…

主体的で対話的で深い学び

ようやく日焼けの痛みがひいてきた「ハピペン」です。 「主体的で対話的で深い学び」による授業改善。どうすると効果的なのかが分からない。 たぶん、っぽいことは、日常的やっているのだろうけれど、どうすると子どもたちのために実現できていることになる…

発達障害の子が「九九の暗唱」を乗り越えるには

先週、九九を覚えられない子が授業中ふざけ尽くしたので、特に注意せず見守り、授業時間が過ぎたら帰ろうとするので、「終わったら帰ろうね」と阻むと号泣させてしまった「ハピペン」です。 中学までに「九九」ができていると、嬉しいと中学の先生が言ってい…

悪いところ探しの弊害

最近糖分の入っていない炭酸にはまっている「ハピペン」です。乳酸菌の入った甘くない炭酸が好きです。 先日、交流級の先生に「良い姿を伝えて待つこと」に対してフィードバックしました。その後、ところどころに「ほめ」を入れてくれています。 しかし、そ…

自己肯定感はなぜ高める必要があるのか?

肩の日焼けが痛すぎる「ハピペン」です。なんかとっても久しぶりな感覚。 さて、今日は自己肯定感はなぜ上げる必要があるのか?を書きます。 自己肯定感が重要、自己肯定感が低いというのは、いろいろな場所で聞きますが、じゃあないと困るの?というのはあ…

ポジティブフィードバック

ラッシュガードを忘れた「ハピペン」です。こんなのはじめて……ショック……。 さて、今日は、自分の強みでもある「ポジティブフィードバック」の話。 昨日、勇気を出して、私の受け持つ子がいてよくかかわっている交流の先生にフィードバック(ポジティブな内…

失敗のカバーのためにしたこと

失敗を打ち明けるって大事だなって「ハピペン」です。 それをカバーすると失敗の思い出って変わるしね。 さて、失敗のカバーのためにできることをしたって話。 どんな失敗か 午前中に行事があって、その後の片付けの担当を分担していなかったため、体育館に…

朝読書のルールってないの?

今日やっとプールに入った「ハピペン」です。たった一回のプールの中でも成長が見られて大興奮でしたっ。 さて、朝読書。朝の会の前に10分程度本を読んでいる学級て少なくないのではないでしょうか。 自分で持ってきたものや、教室の左後ろ辺りにある学級文…

"しあわせ"を漢字から単純に辿る

司会や放送をほめられてちょっと嬉しかった「ハピペン」です。良かったことも記録しないとね! さて、「しあわせ」について考えてみよう。別に本気出しては考えていない(笑)ポルノグラフィティ。 「幸せ」について 「幸せ」が、手枷ってのはよく聞く話で、…

「ゴールの共有」「目的の共創」

今年まだプールに一回も入ってないんだけど?な「ハピペン」です。みんな忙しそうにプールに入っているのに、私はポツン。 昨年までは、毎日入ってるよね私!?だったのに……。 「ゴールの共有」についての話 今日は、一昨日見えた視点を書いておこうと思う。…

「力を合わせる」が子どもたちから出始めたら

週末にあったことを週明けも謝ったら、「気にするなあ」と言われてしまった「ハピペン」です。「そりゃ、するよ!」。 「みんなで力を合わせる」 今日、うまく行った流れを話そうかな、と。 今年度は毎週目標を決めさせていた。 そこで、今週「みんなで力を…

「特性?」それとも「年相応なだけ?」

語りたい人な「ハピペン」です。 前に学年会で言われてしまった一言。「ハピペンは語りたい人だからね」ってそういう枠組みあったんかーーー!スマートにって人もいるってことだよなー……そうだよなー……がーん。みたいな。 気を取り直して、今日はこの本を見…

「自分を社会で自由に楽しむための学び」へ(認められたいという不自由と社会の相性の良さ)

昨日は久しぶりに日本酒を飲んだ「ハピペン」です。母と話しながら。世界の閉塞化って恐ろしいなって思う。人生の中で浦島太郎が起こる時代なのかもしれない。 外に目を向けたら、みんなアクティブラーナーだったみたいな。 一つ、自由に対する感性の違いに…

「影響力」と「所属感」と「自己肯定感」

いよいよ梅雨なのだなあ、と思っている「ハピペン」です。来週雨マークだらけだわ。 今日は、影響力について自分が考えたことを書こう。 今、クラスの雰囲気がよくなってきていると思っていて、4・5・6年の振る舞いが4・5月と比べて明らかに変わってい…

私は「何かを『生み出しているか?』」

2か月半ぶりに会う前任校の人たちは、なんだか芸能人に合ったみたいに嬉しかった「ハピペン」です。テレビの中の人に会うような感じ。脳内で思い出は映像化されてしまって、その人たちに会えた!みたいな感じ。 一人ひとりがどんな言葉をもっているかをなん…

紙コップカエルのねらい

鳥は朝何をしゃべってピーチクパーチクしているんだろう、って思った「ハピペン」です。 昨日は、次年度入級予定の保護者の方が見学に来られるということで、その時間の授業のT1を担当しました。 【図工(生活単元)】で何か梅雨につながる季節の工作とし…

「自然に身に付く、暗黙の了解、当たり前のこと」の難しさ

子どもにパピプペポだけで指示を出したら、すごい食いつかれた「ハピペン」です。ちょっと冗談でやってみたら、「もっとやって!」となりました。子どもたちは、分かりやすく言われるだけじゃなくて、考えて楽しみたいってのもあるのかもなあ。 今日は特別支…

自尊感情の定義

天気予報で雨を知って覚悟をしていれば、朝起きて「今日は雨かあ……」とげんなりすることが減ることに気づいた「ハピペン」です。(天気予報を気にしなさすぎる。) さて、自尊感情の定義について次期学習指導要領についての講演などに行くと、必ずといってい…

驕らずにねっ!

子どもが体育館から出た後「気持ちいいね」と風を感じて言った。こういう体育をやりたい!「ハピペン」です。 昨日は、巡回相談でした。第三者に見てもらうっていいやっぱり大切。 その中で感じた学びを一つ。 「自分で考えた、やった、つくってあげた」って…

やっぱり「灰谷健次郎」が好き

体力テストって正直だなあと思った「ハピペン」です。ソフトボール投げの足と手が同時に出てしまう感じとか、経験の差だよなあ、と。ゴールデンエイジ前後で、ちゃんと運動させてあげないと自分の体を自由に使えないだろう。生きづらさってそういうところか…

日本科学未来館で感動したのは!? 「レアを楽しめ!」(日本科学未来館2)

天気予報を見て傘を用意するのが苦手な「ハピペン」です。洗濯物は入れたためセーフ(笑) inclusive.hatenablog.jp のつづきです。 他にも常設の展示には、面白いものがたくさんありました。科学って商品化されているものまでしか認識できているものが少な…

「脳番地」の地図を基に発達障害の子に身に付けたい力と活動を考えられたらよくない?

来週はプール開きな「ハピペン」です。今日はちょっと買い物にでも行こうかな、と。 さて、「脳番地」をもとに、今その子に必要な活動を考えたい!という話。 そしたら、子どもはもっと伸びて、生きやすいかもしれない。 阿部先生のツイートを見ても常々思っ…

「経験学習」に必要なもう一つの軸は「人」

経験学習について前回書きました。 inclusive.hatenablog.jp 読んでいる本はこちら『フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術 (PHPビジネス新書)』 この続きで、前回は経験に関する「軸」、「経験軸」について書きました。 今回は…

「経験学習」のための「適切な業務経験」とは?

お菓子を食べてしまって翌朝ショックな「ハピペン」です。 一昨日からは通勤の行きに『フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術 (PHPビジネス新書)』を読んでいます。 めちゃ面白いです。 「ポジティブフィードバック」を頑張りた…

手順は可視化して!「聴く力」を育てるからって見えない化されすぎじゃない?

気づいたら一日置きに、五目あんかけ焼きそばを食べていた「ハピペン」です。なんでか、つい頼んでしまっていた。 さて、今日は大きく二つ。 「手順を可視化して!」 「聴く力」ってそんなあたり構わずねらっていくものなの? です。 「手順を可視化して!」…

聴くことの素晴らしさを感じさせられる教師を目指して……。

第4章:こんな「聞く習慣」で、子どもはどんどん学ぶ [contents;] ページ数は少ないのだけれど、項目が多かった……。 でも、はっきり言って自分のためだけど、抜粋整理をしよう。 親が子どもの話をちゃんと聞けば、子どもも聞くようになる この章のはじまり…

LEGO®で自分のミッションづくり(私……ポジティブフィードバックを大切にするね!!)

洗濯物が雨に濡れてショッキンな「ハピペン」です。いやー反則でしょ。しかもドライ製品をやっとこさ洗った日に限って……。 さて、気を取り直せるか、大変心配ですが、書いていきましょう。 LSP(レゴ®シリアスプレイ®)体験、2回目!! 『レゴ®シリアスプレ…

「自己決定させる」ことは、放任でも無責任でもなく「関係をつくるためのもの」

「目的」と「目標」の違いを意識しはじめた「ハピペン」です。 「目的を見失うな!!」って大事ですね。「何のために?」を考えたときに、「目標」を「目的」と錯覚して、自分が行方不明になることってあると思うのです。気を付けなければ。 引き続き、通勤…

どうせ無理だろう、出来ないだろう、子どもだから、あの子だからって。「否定」する観点で子どもを見ることは、子どもを自己表現から遠ざける

梅雨はどこに行ったのか……まあ、それにしても、今日は月がきれいだ、と思っている「ハピペン」です。 行きに読んでいる本『アドラー博士が教える「話を聞ける子」が育つ魔法のひと言』かを読んで書きたくなったことを書く。 結局、子どもにも考えを伝えるチ…

「正しい行い方」と「ルール」をきちんと「ネタバレ」すること

プール清掃など、イレギュラーがある今日この頃の「ハピペン」です。仕方ないそういうサイクルもある。このイレギュラーのときのタスクをどうするかが、分からない。体調が思いっきり左右されちゃうなあ……。 行きに読んでいる本から。『アドラー博士が教える…

「過剰介入した人生」って、誰の人生なんだろう?

ちょっとだけ、生活が崩れて眠い「ハピペン」です。寝るのが遅いのがちょっと問題。 通勤中に読んでいる本について記録する。(大事なところが多くてたくさん書いてしまいました。) 「過剰介入」の境界線ってどの辺りにあるだろう? 介入するほど、その子の…

Never give up=?

月曜日が楽しみになってきた「ハピペン」です。やりたいことが、仕事がないとできないことになってくると、仕事に早くいきたくなる。 面白いのは、仕事を通して誰かにさらに与えられる可能性があることに気づけたことだ。 さて「Never give up」。「決して諦…

日本科学未来館で一番楽しかった展示(日本科学未来館1)

休日どこかに行きたいけど、どこに行く?と言っている間に午前が過ぎてしまう「ハピペン」です。もうそんなの嫌だってことで、試行錯誤。 本日辿り着いたのは「日本科学未来館 (Miraikan)」です。 www.miraikan.jst.go.jp 二人でLEGO®を使って、自分たちに潜…

「ダメ」と叱らずにすむひと言

天気がいい朝が嬉しい「ハピペン」です。昨日に続いて今日も気持ちいい。眠気も少し吹き飛ぶわ。 昨日読んだところの記録を今日も書いていく。 聞く力とさまざまな能力 行きに読んでいる本から。 『アドラー博士が教える「話を聞ける子」が育つ魔法のひと言…

教育とは他律的な働きかけからはじまる

というわけで、二つの本を行きと帰りに分けて読んでいる「ハピペン」です。昨日、読んだ分から、考えたことを書きます。 「話が聞ける子」とは「黙っている子」ではなく、「対話ができる子」をいう 子どもを聞く気にさせるのはIメッセージ 命令は、それに対…

自分とは、自分と他者の複合体(って改めて思う)

背伸びに疲れたらかかとを降ろせばいいんだよ。「ハピペン」です。でも、今は、「元気に背伸びの運動ー!」って感じで。 思えば、誰かと話すおかげで、自分を構造的に見てもらえることを、体験しています。自分が体験したかったこと。これを手に入れられてい…

「教員の孤立」

全速力で走ると、どこかしらが吊りそうになる「ハピペン」です。一瞬しか全力を出せない。長時間出すには、入念な準備運動が必要……なんてね(いや、なんてねじゃない!)。 さて、少しだけ、いろいろね、脱線したくて、ゆるくなりたくて、買い貯まっちゃった…

「『他律』の『自律化』から自分を理解して律しながら、自分らしく自分の力を発揮して『自立』へ向かうこと」

もうすっかり暑いですねって感じな「ハピペン」です。6月って学級経営において結構肝心って言われますね。子どもたちも自分を出して来ているように感じます。より多く調子にのってみたり、いちいち先生を呼んでみたりが増えた気がする。その中に4月から細々…

ブリーフセラピーの考えが好き!!

正直ブリーフセラピーだけでどんな子でも救い得るんじゃないかって思っているところもある「ハピペン」です。 ブリーフセラピーとは 短期療法(ブリーフセラピー;Brief Therapy)は、ミルトン・エリクソンの影響を受けた理論・技法を有し、比較的短期間で問…

スポンサードリンク