かならず幸せになれるいきもの

幸せな子ども時代を過ごす子どもを増殖させるための哲学。(旧:それでも幸せな人はいるから)

スポンサードリンク

『ファスト&スロー』

【「捨てること」と「幸せ」と「モノと人」】『ぼくたちに、もうモノは必要ない』

バス停から歩いて学校に行っています。途中通学路にさしかかる。「おーーーい!」と声をかけられる。「ハピペン」です。 また新しい本『日本の「安心」はなぜ、消えたのか―社会心理学から見た現代日本の問題点』を読み始めそうだったのですが、本当にアホで…

【ケーキが食べたいのに羊羹喰ってる】「認知的容易性」の話

いやー晴こそ至高!!「ハピペン」です! いや、そりゃねーもう雨だらけじゃね、出ませんよセロトニン!テンション回復な気分だ!! 意識はあてにならない。無意識を隠して意識はフリをする。本当は、私たちを突き動かしている無意識。「認知的容易性」。人…

メタ認知(その2)

左側の腎臓が悪い「ハピペン」です(あと眼精疲労)。どうするよ……。 さて、本日は久しぶりのHappyDay!(大塚愛ではない。)*1睡眠不足でも視界が明るくなるような、12H以上経った今でもまだ余韻があるくらい楽しい気持ちになった日だった。 理由は、DAFLと…

マインドフルネスについて(1)

心を充足したい「ハピペン」です。 先日のメタ認知の中で、マインドフルネスのことがとても気になりました。タイトルの(1)は、これからも書いていきたいという願いからで、連続して投稿するわけではありません。 「21世紀の学習者と教育の4つの次元: 知識…

「プライミング効果」について(『ファスト&スロー』より)

(「ファスト&スロー」×「特別支援教育」×「ハピペン」その3) プライミング効果について 授業にも生かせる「プライミング効果」について書いていく。 プライムとは、「先行刺激」と言われる。 ある「刺激」によって、次の行動が選択される効果を「プライミ…

スポンサードリンク