それでも幸せな人はいるから

特別支援学級の担任をしていて感じたこと。幸せな子ども時代を過ごす子どもが一人でも多く増えるように

スポンサードリンク

子どもの見方

4月→7月(なんか変身した?)

子どもの変容が大好物な「ハピペン」です。 今日は、朝の会で「夏休みまであと3日だけど、4月から7月になって、君たちなんか変身した?」と聞いてみた。 「私は、4月より7月になって、4月よりみんなと仲良くなれたと思っているんだけど……」と。 すると…

「注意されること」の教育効果

やっぱり、どうしても、学級内のダメ出しの声にイラつく「ハピペン」です。 本当になんなの!?特に、一部の子は注意されて一部の子は注意されないのがたまらなく嫌だ!ヒドイ! 座ってあいさつをするときの「気をつけ」のとき、日直からの「Sさん手をひざに…

アクティブラーニング(主体的で対話的で深い学び)の背景のおさらい(補足)【答申】より

肩の皮がものすっごい剥けて来た「ハピペン」です。やばい!汚い! さて3日連続。続き物です。 www.happypenguin.net www.happypenguin.net BGMはミスチルです。 誰も皆 悲しみを抱いているだけど 素敵な明日を願っている臆病風に吹かれて 波風がたった世界…

「人間関係形成能力」にズームイン!

久しぶりに4時台に起きられた「ハピペン」です。どうしても日中の眠気が不安になるけれど、今日はすっと起きられた。 今まで自分が育てようと思っていたことを一言で表すとなんなのだろう?と最近よく思う。なぜかと言えば、自分には誰かに伝えるための語彙…

「60点」のときと「100点」のとき

日曜朝のヒーロータイムの時間が変わるって聞いてめっちゃ驚いた「ハピペン」です。 戦隊ファンが困るんジャー! テレ朝の改編で「出勤前に見られない」 : J-CASTニュース 当たり前だったことも、やっぱり急に変わる時代なのだな、って実感(えっ、ここで?…

悪いところ探しの弊害

最近糖分の入っていない炭酸にはまっている「ハピペン」です。乳酸菌の入った甘くない炭酸が好きです。 先日、交流級の先生に「良い姿を伝えて待つこと」に対してフィードバックしました。その後、ところどころに「ほめ」を入れてくれています。 しかし、そ…

ポジティブフィードバック

ラッシュガードを忘れた「ハピペン」です。こんなのはじめて……ショック……。 さて、今日は、自分の強みでもある「ポジティブフィードバック」の話。 昨日、勇気を出して、私の受け持つ子がいてよくかかわっている交流の先生にフィードバック(ポジティブな内…

朝読書のルールってないの?

今日やっとプールに入った「ハピペン」です。たった一回のプールの中でも成長が見られて大興奮でしたっ。 さて、朝読書。朝の会の前に10分程度本を読んでいる学級て少なくないのではないでしょうか。 自分で持ってきたものや、教室の左後ろ辺りにある学級文…

「特性?」それとも「年相応なだけ?」

語りたい人な「ハピペン」です。 前に学年会で言われてしまった一言。「ハピペンは語りたい人だからね」ってそういう枠組みあったんかーーー!スマートにって人もいるってことだよなー……そうだよなー……がーん。みたいな。 気を取り直して、今日はこの本を見…

「影響力」と「所属感」と「自己肯定感」

いよいよ梅雨なのだなあ、と思っている「ハピペン」です。来週雨マークだらけだわ。 今日は、影響力について自分が考えたことを書こう。 今、クラスの雰囲気がよくなってきていると思っていて、4・5・6年の振る舞いが4・5月と比べて明らかに変わってい…

やっぱり「灰谷健次郎」が好き

体力テストって正直だなあと思った「ハピペン」です。ソフトボール投げの足と手が同時に出てしまう感じとか、経験の差だよなあ、と。ゴールデンエイジ前後で、ちゃんと運動させてあげないと自分の体を自由に使えないだろう。生きづらさってそういうところか…

「経験学習」に必要なもう一つの軸は「人」

経験学習について前回書きました。 inclusive.hatenablog.jp 読んでいる本はこちら『フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術 (PHPビジネス新書)』 この続きで、前回は経験に関する「軸」、「経験軸」について書きました。 今回は…

「経験学習」のための「適切な業務経験」とは?

お菓子を食べてしまって翌朝ショックな「ハピペン」です。 一昨日からは通勤の行きに『フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術 (PHPビジネス新書)』を読んでいます。 めちゃ面白いです。 「ポジティブフィードバック」を頑張りた…

聴くことの素晴らしさを感じさせられる教師を目指して……。

第4章:こんな「聞く習慣」で、子どもはどんどん学ぶ [contents;] ページ数は少ないのだけれど、項目が多かった……。 でも、はっきり言って自分のためだけど、抜粋整理をしよう。 親が子どもの話をちゃんと聞けば、子どもも聞くようになる この章のはじまり…

「自己決定させる」ことは、放任でも無責任でもなく「関係をつくるためのもの」

「目的」と「目標」の違いを意識しはじめた「ハピペン」です。 「目的を見失うな!!」って大事ですね。「何のために?」を考えたときに、「目標」を「目的」と錯覚して、自分が行方不明になることってあると思うのです。気を付けなければ。 引き続き、通勤…

どうせ無理だろう、出来ないだろう、子どもだから、あの子だからって。「否定」する観点で子どもを見ることは、子どもを自己表現から遠ざける

梅雨はどこに行ったのか……まあ、それにしても、今日は月がきれいだ、と思っている「ハピペン」です。 行きに読んでいる本『アドラー博士が教える「話を聞ける子」が育つ魔法のひと言』かを読んで書きたくなったことを書く。 結局、子どもにも考えを伝えるチ…

「正しい行い方」と「ルール」をきちんと「ネタバレ」すること

プール清掃など、イレギュラーがある今日この頃の「ハピペン」です。仕方ないそういうサイクルもある。このイレギュラーのときのタスクをどうするかが、分からない。体調が思いっきり左右されちゃうなあ……。 行きに読んでいる本から。『アドラー博士が教える…

「過剰介入した人生」って、誰の人生なんだろう?

ちょっとだけ、生活が崩れて眠い「ハピペン」です。寝るのが遅いのがちょっと問題。 通勤中に読んでいる本について記録する。(大事なところが多くてたくさん書いてしまいました。) 「過剰介入」の境界線ってどの辺りにあるだろう? 介入するほど、その子の…

「ダメ」と叱らずにすむひと言

天気がいい朝が嬉しい「ハピペン」です。昨日に続いて今日も気持ちいい。眠気も少し吹き飛ぶわ。 昨日読んだところの記録を今日も書いていく。 聞く力とさまざまな能力 行きに読んでいる本から。 『アドラー博士が教える「話を聞ける子」が育つ魔法のひと言…

教育とは他律的な働きかけからはじまる

というわけで、二つの本を行きと帰りに分けて読んでいる「ハピペン」です。昨日、読んだ分から、考えたことを書きます。 「話が聞ける子」とは「黙っている子」ではなく、「対話ができる子」をいう 子どもを聞く気にさせるのはIメッセージ 命令は、それに対…

「教員の孤立」

全速力で走ると、どこかしらが吊りそうになる「ハピペン」です。一瞬しか全力を出せない。長時間出すには、入念な準備運動が必要……なんてね(いや、なんてねじゃない!)。 さて、少しだけ、いろいろね、脱線したくて、ゆるくなりたくて、買い貯まっちゃった…

「『他律』の『自律化』から自分を理解して律しながら、自分らしく自分の力を発揮して『自立』へ向かうこと」

もうすっかり暑いですねって感じな「ハピペン」です。6月って学級経営において結構肝心って言われますね。子どもたちも自分を出して来ているように感じます。より多く調子にのってみたり、いちいち先生を呼んでみたりが増えた気がする。その中に4月から細々…

ブリーフセラピーの考えが好き!!

正直ブリーフセラピーだけでどんな子でも救い得るんじゃないかって思っているところもある「ハピペン」です。 ブリーフセラピーとは 短期療法(ブリーフセラピー;Brief Therapy)は、ミルトン・エリクソンの影響を受けた理論・技法を有し、比較的短期間で問…

「やりたい仕事」ではなく「わくわくする仕事」

今日は「いきなりステーキ」や公園に行った「ハピペン」です。 どっちも良かったよ、うん……。 何日か前だったのだけれど、気になったエントリー。 「ふつうの主婦」が見つけた「わくわくエンジン」のかけ方(湯浅誠) - 個人 - Yahoo!ニュース NPO法人キーパー…

「暴力」はどこから生まれるのか

今日は、早く帰ってきた「ハピペン」です。無理に無理しなくてもいいかな、と。なんとなく周囲へのパフォーマンスのために、いようとしている自分がいる気がして、さっと帰ってきてしまった。そもそも残るほど偉いって価値観は気持ち悪い、そこを気にしてい…

出来るようになるっていうのは大切なことだけど

昨日今日と寒くない!?と思っている「ハピペン」です。町には春めいた格好の人だらけだけど、みんな寒くないの??? 自分を遡ることが続く。自分は「何者」なのかよく分からない。昨年の夏以降、映画「何者」の軽快なCMばかり浮かぶ。最後にキレッキレにタ…

「よくなりたい子」と「声の大きさ」

目が痒すぎる!「ハピペン」です!目を気にしすぎて、その仕草を子どもに真似される始末。電車の乗り換えの人たちがたくさん横を通るだけで目が痒いよー。 その真似をする子。今年一番近くにいる子。いつも教師に非難されている子。 声が大きいのが課題だっ…

「否定のない教育」でもなく「誉めちぎる教育」でもなく

ある交流級のクラスの子の名前を全員覚えた「ハピペン」です! 今日あたりから、ふと今の学校を楽しめそうな自分に気づいた。ホントちょっとしたことなのだけれど、昨日くらいから話しかけてもらえることが増えたと感じる。ちょっと根暗でキモイけど「あっ、…

「刺激」によって活動できないのは誰のせいか

今日も晴れてよかった「ハピペン」です。外遊びをしなくて、とお悩みの保護者の方もいるが……今のところ遊べてる毎日!! 「感覚の違い」によってスムーズに活動できないのは、誰のせいだろうか? 「子どものせい」だろうか? いや、それはないはず。「教師の…

「忘れ物」と「記憶」について

ブックオフで本を漁る「ハピペン」です。このブックオフへ行く途中に、「忘れ物の指導と将来の忘れっぽさは相関があるか?」という話になった。 将来のために、「精神論で!」忘れ物はなくさせた方がいいのか? うーん?どうだろう? その精神というところの…

「エピソード記述」とは?

エピソードって言われると、スターウォーズ級な感じ!?とたじろぐ「ハピペン」です。先日、「リフレクション」と「コア・クオリティ」 ってエントリーを書きました。 今日は、この本の話。 おさらい リフレクション=内省 コア・クオリティ=核となる性質(…

ある不登校の記録

急に高熱の「ハピペン」です。あーあ、これ絶対来年度へのストレスだわ……人はストレスがかかると免疫が落ちる。環境の変化に弱いってのは、きつい弱点だなあ……。 X年、「不登校」、「虐待」、「いじめ」の対応が重なって大変だった。そのうち、「不登校の記…

「あなたが"より"重視するのは?」<基礎学力の保障>と<コミュニケーション力の育成>

脳の最適化がしたい「ハピペン」です。ブログを見てくださっている方は分かるでしょうが、頭の疲れが全体的に取れない。スッキリしない……。ブログを書くことで多少のモヤモヤは解消されているけれども。 今日は、講演会に行ってきました。 最前線の悩みと現…

数年前はじめてのドッジボールで首が取れた……!?わけないでしょ!

今日、数年前に受け持っていた子がドッチボールをする姿を見て「成長したなあ」って思った「ハピペン」です。 「今すぐ死ね!」 「学校を壊せ!」 「お前は頭がおかしい!」 と毎日言っていた子も、年月を経て通常級で過ごすようになり、友だちとドッチボー…

「何のためのインクルーシブか」の解

これからインクルーシブ教育を進めていく上で、「『なぜインクルーシブ教育をするのか』という問いにどう応えるか」という課題があると、全国障害学生支援センターの殿岡翼さんが言っていた。 みなさんは、なぜ共生社会を目指す必要があると思いますか?なぜ…

「プライミング効果」について(『ファスト&スロー』より)

(「ファスト&スロー」×「特別支援教育」×「ハピペン」その3) プライミング効果について 授業にも生かせる「プライミング効果」について書いていく。 プライムとは、「先行刺激」と言われる。 ある「刺激」によって、次の行動が選択される効果を「プライミ…

「相模原の事件」と「居場所」と「社会とのズレ」の話(その1)

日差しは春ーな「ハピペン」です。日中は風が冷たいですが、日差しはポカポカですね(そうでない地域もあるでしょうが……)。 さて、「相模原の事件」と「居場所」と「社会とのズレ」について。 「相模原の事件」について 今回は、「相模原の事件」について。…

「5万歳の休眠微生物」と「好きなものをなんでも買えるとしたら何がほしい?」の話

全く想像もしたことのない言葉が合わさると驚く「ハピペン」です。 やっぱり想像を越えた創造は面白いですね。 今日のヤフーニュースにもビックリする記事がありました。 headlines.yahoo.co.jp 「5万歳って!?」って思いますね。 5万歳の生き物っている…

その場で解決しないこと

朝はラジオ派の「ハピペン」です。一時「前前前世」と「恋」ばっかりかかってたなあ。 今日は、「その場で解決しないこと」について書きます。 子どもは子どもなりに必死に生きていて、自分の考えを前面に押し出して生活している。 それによってぶつかること…

「にんげんがさき 点数があと」

脳の慢性疲労を感じている「ハピペン」です。純粋に頭を使いすぎる出来事が多すぎて、ショート気味です。なんとなく高等部の体温が常に高い印象があって不安。 それでも、元気に行ってしまうぜ!って金曜。 学校の職員室の前に「にんげんがさき、点数はあと…

「出遅れること」と「居場所の取り合い」と「嫉妬による憎悪」

洋服を買うか迷ったときに、結局買わなくて後で後悔する「ハピペン」です。 買う後悔か、買わない後悔かって本当に難しいところですよね。その癖なんか、いかめしみたいなリュックは買ってしまった……。 前のエントリー inclusive.hatenablog.jp と関連するも…

子どもに注目していることを示すには?注目ってどうすれば注目なのか?

自己紹介で、最近した贅沢は「オリーブをたくさん食べること」と応えた「ハピペン」です。イタリアンのお店でテーブルに「オリーブ」がおいてあって好きなだけ食べていい風味なお店があって驚きました。(その日はお茶だけだったのでそれにはありつけません…

主体性について

新しいちょっと高い手袋をして通勤しているのですが、指先が寒いよ!なんで!?と思っている「ハピペン」です。そして、試しに古い手袋をして通勤をしたらもっと指が冷たくなって冬は本当に怖いと思いました(お前はペンギンじゃねーのかってね)。 今日は、…

正しいことを誉めるということ(小学生のとき好きだった習字の先生の話)

寝不足で頭痛がひどかったハピペンです。最近は、子どもの頃の思い出ネタが多いのですが、寝不足で頭が痛くなるのも、小さい頃からです。久しぶりだったけど。 今日は、「習字」の習い事の先生の話を書きます。 習字の先生が好きだった 私が通っていた習字教…

「損のない〈価値観〉を与えてあげる」ということ

最近コンビニの店員さんに、めっちゃ覚えられていることが判明した「ハピペン」です。新しい商品が出たときに職場に大量に買ったのを覚えられていたりして驚きました。2、3か月前だよそれ……みたいな。でも、まあ悪いことして覚えられているのでなくてよか…

トラブル時の大人の価値観の違い

忘れんぼマスターでやばい「ハピペン」です。職員室に用があって、職員室に戻るころには何をしに来たのかが分からなくなることがあります。っていうかありすぎて本当に困っています。 さて、価値観の優先順位は、人それぞれ。本当にそうですよね。 「ダイヤ…

「個人の幸せを叶えるために生きる……」としたら出てくる問い→「個人の幸せに社会は必要か?」

今日は好き勝手思いつきをダラダラと書いてしまおう!っていう「ハピペン」です。そんな、挨拶しだしたらもうなんでもありすぎるか……。 これを見ていたら浮かんだこと。 www.nhk.or.jp 「個人の幸せという尺度で歴史を眺める」という話。 私は「個人の幸せの…

障害者だから優しくするんじゃなくて、「優しいは誰にでも」。ただ、その「優しさの中身」が「相手によって変わる」ってだけ。

休みのリズムから到底戻れる気がしない「ハピペン」です。ただそれも「観点喜地」で、大きく喜んで生きていこうという2017年。3学期がはじまりました。今年度の最初、むしろ昨年度の終わりから、最高学年は何が最高か?と問うていました。私は「喜び最高学年…

「勉強・学習する」ということについて(茂木健一郎)

お正月はらしさを味わいたくて仕方がなかった「ハピペン」です。「お正月とはお正月をつくる人とお正月をつくられる人によって成り立っている」とつくづく感じます。「またこの時期が来たなあ」とお正月飾りやおせちをつくる人。「またこの時期が来たなあ」…

「人生は運」だとして、どうするか。

inclusive.hatenablog.jp 若干このエントリーの続き。 人生は運ではないのではないか。と考えながら、伝えられることは伝えていこうと思って子どもたちと接している。 自分の選択次第で、自分がどう頑張ろうとするかで変わるものもある、と。 それでも、結局…

スポンサードリンク