それでも幸せな人はいるから

特別支援学級の担任をしていて感じたこと。幸せな子ども時代を過ごす子どもが一人でも多く増えるように

スポンサードリンク

「なぜ、人を殺してはいけないのか。」

「なぜ、人を殺してはいけないのか。」

一般的に、この質問は答えにくいことである。

 

実際は、その人なりに答えたらいいと思う。

真剣に応じるしかないところがある。

 

私たちはつい「真偽」を問うのだけれど、世の中には「わからない」ってこともある。

 

パラドックスの解は、「Aでもあり、Bでもある」っていう矛盾にたどり着くことがある。

 

私が思いついた仮説は、

「一人の最大幸福が、二人の最小幸福より低い可能性があるから」

である。

 

利己的かつ功利主義的な判断で、誰かを地球から追いやったとして。

それが、「自分や全体のためになるか」の証明がなされていない。

 

「なぜ、人を殺してはいけないのか」の答えは、本質的には「わからないから」なのである。

 

よって「わからないこと」をして「いい」とはいえない。

 

今すでに、起こっている事実、してしまっている事実、すでにある現実は、目の前の人が「生きている」ということだ。

 

これは「わからないこと」ではなく、すでに真実である。

ハイデガーの「世界内存在」っぽい感じだろうか……。)

 

だから、私は「殺していいか」より「生きている」が優先されるべきだと思う。

 

とすると、答えは「殺してはいけない」に近づく。

 

自分がどんなに相手を殺すことで悦が得られそうだったとしても、だ。

 

※当然に「法治国家」だからっていうのは、理由の一つとしてあるとしてね。

 倫理的なロジックを考えてみたって話です。

 

 

 

 

スポンサードリンク