それでも幸せな人はいるから

特別支援学級の担任をしていて感じたこと。幸せな子ども時代を過ごす子どもが一人でも多く増えるように

スポンサードリンク

「カリスマティック・アダルト」

こういう用語を今日はじめて知りました。

 

一言で言うとこんなイメージかな、と。

 

"ありのままの自分を受容し、課題をきちんと指摘してくれる存在"

このサイトからの引用です。

http://shinobu1.blog117.fc2.com/blog-entry-244.html

 

もう一つのサイトでは

"自分のことをわかってくれる存在"

http://s.ameblo.jp/hunedonn/entry-11401868636.html

 

"自分のこと"は、特性も含めてですね。

 

検索してみると知識が広がるかな、と思います。「カリスマティック・アダルト」は良さそうな視点です。

 

言葉があることで、目指せますね。

 

今日は、言葉の紹介まで……。

 

 

 

スポンサードリンク