それでも幸せな人はいるから

特別支援学級の担任をしていて感じたこと。幸せな子ども時代を過ごす子どもが一人でも多く増えるように

スポンサードリンク

感謝が降り注ぐ日

お花いっぱいな「ハピペン」です。

 

修了式。今日でお別れの人もいるため、昨日は手紙をたくさん書いた。

 

反対に手紙をもらいもする。

手紙を書くってのは、当たり前のように行うことだが、簡単なことではない。

 

それだけのことをした、なんて思いは全然なくて、あったのは、「学校って楽しい」そう思わせたいだけだったような気がする。

 

たとえばお家の方は、その熱が嬉しい。(ニーズによるとは思うけど。)

 

幸せな子ども時代を過ごす子どもを一人でも多く増やしたい。

一人も置いていかない。

一人ひとりに合った見方をする。

 

そういう意味では子どもが好きとか、子どもに惚れ込んでいるとか、ってことかもしれない。

 

子どもが安心して未来を目指せることが、なんでかたまらなく嬉しい。なんでかは、分からない。

 

一つ思うのは、感謝されることに対して、感謝したくなるような、「ああ、よかった」って静かな思い。

 

"子ども"を見逃さなかっただけなんだけどね。

 

 

スポンサードリンク