かならず幸せになれるいきもの

幸せな子ども時代を過ごす子どもを増殖させるための哲学。(旧:それでも幸せな人はいるから)

スポンサードリンク

もう一つのルーツ

引っ越しがあって、実家を片付けている「ハピペン」です。

 

f:id:penguin-kn:20170831115831j:plain

最近、もう亡くなっているおじいちゃんの話を話題にする機会があった。

 

そこで聞いた話を書いておく。

 

どんな話かというと、うちってのはあんまりいい養育環境じゃなかったってのがあって、特に父親となのだけど。

 

母が別れたいというような話を私のおじいちゃん、つまり、母の父にしたらしい。

 

そのときのおじいちゃんの話の中で「子は宝なんだから」という表現があったそうだ。叔母いわく。

 

生憎?今でも両親は一緒に住んでいるが……。

 

その話の際に叔母が「子は宝なら私も宝なの?」と聞いたらしい。

 

するとおじいちゃんは「宝だよ」と言ったそうだ。

 

自分にはそういう遺伝子が入っているのかと、また少し自分を肯定したくなった。

 

ルーツって良い。

二世代前を探ると思いがけない、今の自分に関わるようなルーツが現れるかもしれない。

 

そのルーツ。勝手に自分を背負た気になって、またどこまでだって子どもに返してやるぜ!って思う。

 

「子は宝」。

当たり前に言い切れる大人になって、子どもたちに言い切りまくってやりたい。

 

スポンサードリンク