かならず幸せになれるいきもの

幸せな子ども時代を過ごす子どもを増殖させるための哲学と甘い毒。(旧:それでも幸せな人はいるから)

LMW#4:逆境は嫌いじゃない

やったー雨が止んでる!「ハピペン」です。

 

そう。面白い。心模様。

「雨が降っている」と思っているだけなのだ。実際は降っていない。曇りは晴れへの約束。

待てばいい。何なら晴れの日に遊ぶ準備をして

 

何でもない記事なので、読後感すみません。

 

嫌いなものは嫌い。そう言っていたアーティストも10年経って変わる。そう言いながらも行動してきた証なように思う。

 

それじゃ、多分とうに立ち行かない。

それじゃ、多分ぶっ飛ばされちゃうぜ。

 

それはアクションと言えるアクションか。

行動か。

楽してないか。

 

そんなことを思う。

自分に厳しく、奮い立たせたい。

やる気を出す。

信じる。

 

大切なのは「ああ、その人の話聞いちゃったかー」を減らすことだ。

自分が怪しくならないこと。出典を示すこと。

「誰々が言ってた」がいかにきついかを考えられるようになりたい。

 

私がそういう人だからだけど、私は「誰が言ったか、よりも内容」だ。

社会心理に反するだろうけど。

自分の言葉を語りたい。

そして、哲学は哲学の外に出るから意味をもてるかもしれないと思う。単に漠然と。

掛け合わせが大事だ。

 

本物か?を問いたい。本物って何?も問いたい。

神さまはいない 要らない いても 要らない

ここは誰の現在地だ?

甘いか苦いかは君が決めろよ

「嫌いなもんは嫌い うるせぇ 黙れ」

それじゃ多分とうに立ち行かない

ぐだぐだ言ってるだけじゃ見向きされないのが

この街のルール

ああ またとない call or dropに乗るだけ

悪鬼羅刹さえも手を叩く さあ喝采万来、お待たせ

(fake town babyより)

 

そういう、オレを待っているのは、誰よりもオレに違いない。逆境は嫌いじゃないから、幾らでも歩ける。