かならず幸せになれるいきもの

幸せな子ども時代を過ごす子どもを増殖させるための哲学と甘い毒。(旧:それでも幸せな人はいるから)

スポンサードリンク

「直すではなく【サポート】=仕組みづくり」と「自分の取り扱い説明書」

ここで書いた、「自分の取扱説明書」について、一歩踏み出した。

「どの人間も生きていてよい」【改め】 - かならず幸せになれるいきもの

 

自分の取り扱い説明書

主に2種類の本を参考に作ってみました。 

実践障害児教育 2012年 01月号 [雑誌]

実践障害児教育 2012年 01月号 [雑誌]

 

こちらには、「リフレーミング」を使ったものが紹介されています。

 

インクルーシブ教育ってどんな教育? (インクルーシブ発想の教育シリーズ)

インクルーシブ教育ってどんな教育? (インクルーシブ発想の教育シリーズ)

  • 作者: 青山新吾,赤坂真二,上條晴夫,川合紀宗,佐藤晋治,西川純,野口晃菜,涌井恵
  • 出版社/メーカー: 学事出版
  • 発売日: 2016/04/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 こちらでは、野口晃菜さんが「自分の取扱説明書」について話していて参考にした。

 

実物を見た方が早いと思うので、こちら。

 f:id:penguin-kn:20180206073310j:image

左側の方が取り組みやすいと思う。

高学年は右も考えられる可能性が高い(N=2)。

 

自分もやってみた。

 

好きなこと

人と話す。調べる。温まる。音楽を聞く。ノートに書く。ふざける。子どもを成長させる。

嫌いなこと

忘れもの、落としもの、スケジュール管理、場所をおさえる、大人の都合を押し付ける人を見ること

得意なこと

「ん?」と立ち止まること、いつも元気(子どもから)

苦手なこと

我慢、寒さ、マルチタスクをやめる、本質的でない話、コツコツやる、計画的にやる、やりたくないことをやる

うれしいとき

学校が楽しいとき、やりたいことややらなきゃいけないことができたとき

イライラ・ストレスを感じるとき

やりたいことややらなきゃいけないことができないとき、伝わらないとき、自分のことを棚上げして人のせいにしている人を見たとき、子どもを否定している人を見たとき

ストレス発散法

音楽を聞く

書く

話す

助けてほしいとき

初めてのことをやるとは周りから声掛けがほしい、自分のことが忙しいときに仕事を増やさないでほしい

こんな人

うっとおしい→積極的な面倒見がいい

落ち着きがない→行動的、好奇心旺盛

けじめがない→集中力がある

強情な→意志が強い、自分の意見がある

口が悪い→自分の意見が言える

さわがしい→活発、楽しめる

しつこい→粘り強い

わかりやすい教わり方

見せる

見ているときに話さない

ダラダラ話さない

 

意図など

これだけでも、メタな発見がある。

目的は以前のブログに書いたように、自己紹介の上達。子どもに「話すのが好き」「話したい」「話しかけられたい」というニーズがあったため。

 

自分を知っていることで、自分のことを伝えられる。

「自己開示→他者の自己開示→共通点の発見→話し相手がらできる→知り合いが増える」といったイメージをしている。

クラスで話しかけてもらいたいニーズがあるのに、話しかけてもらえる人が多くないことへの仕組みを考えた。

「君のことを知らない人が多いだけじゃない?」と考えた。

その「話しかけられたい」「話したい」というニーズ含めて。

 

自分のことを知って自己紹介をしたらいいのさ!!というアイデア。

 

これは、引き継ぎ資料としても大変優秀と思う。我々が語るより、本人の捉える本人が本質的だと感じている。

 

ただ、ここにある「苦手」や「嫌い」を直そう・正そうとする道具になると、この説明書はゴミになる。自己紹介は怖いものになる。

 

そういう人間だっていい!っていう認めるためのツールとしてあってほしい。「どんなサポートをすればできるか」を徹底して考えられると良い。

スポンサードリンク