かならず幸せになれるいきもの

幸せな子ども時代を過ごす子どもを増殖させるための哲学と甘い毒。(旧:それでも幸せな人はいるから)

子どもをコントロールする・しない

言い換えると「目的の達成を妨げない」ってこと。実際、行動はコントロールしまくりである。

 

ただ、これは「応用行動分析」にすぎない。

前の記事

【「誤学習」と「強化」について】その都度抜け目なく注意するのは、誤学習とは違って事前にさせないのが「エラーレスラーニング」だよね。 - かならず幸せになれるいきもの

 

これと、ブリーフセラピーの考え方の相性が良い。

不足・未・誤学習に対して、回避・適切な行動・代替行動を教える辺りが。

 

起こっていることに対して、違う「仕組み」を取り入れるだけ。

 

その提案(介入)によって、体験の成功が起こると、信頼関係が強まる。

 

たとえば、子どもが台に乗って物を取ろうとしているとする。

よく見るとブロックの箱の入れ物を裏返して台にして乗っていた。

 

あぶない!と注意したくなる。

それに、割れたらどうすんだ!とも注意したくなる。

やめなさい!と注意したくなる。

 

本当に?それだけ理由?なぜやめさせたいの?その台の上にある物(ボンゴ)を取らせたくないだけじゃない?

この背景に、なんとなく、うるさいのが嫌だ、うるさいとほかの大人に文句を言われたら嫌だ、取るときにケガしたら面倒くさい、物が壊れたら面倒くさいという自分が浮かんでいた。

 

その子を妨げようとする理由の全部が自分だと思った。それに理屈をつけてやめさせることは簡単。学校様の登場。

 

ただ、ここで一番優先になるのは、やっぱり「安全」だと思いたい。

注意を自分のためでなく、わすかでもその子のために。

 

そうして、「それは台じゃないから転ぶかもよ、イスを使いなさい」と言ってみた。

 

子どもは、すみやかにイスに換えた。

「この人は、安全に自分のやりたいことをさせてくれる」と納得したのだと思う。

 

子どもの行動をコントロールする。

子どもの気持ちはコントロールしない。

 

振り返ると分かるけど、そこで、本当にその安全を育てるつもりなら、取れたときに「イスを使って安全に取れたね」の言葉かけがいるなあ(その辺り実に偽物っぽい私……)。

 

もし「不安定な台で高いところにある物を取ること」が目的だったら、台の交換は抵抗されただろうと思う。

 

目的(よくニーズって言われるやつ)を読み取って、共有して、サポートできたら、共存しやすい。

 

子どもの行動にはすべて理由がある。

実は「目的意識」が強力なほど、こちらの意図すること入れやすかったりもする。

 

「子どもがしたいこと」は、教育活動をする上でめちゃ使える使いやすい要素。

「お願い、説得、交渉、相談、提案」で。