かならず幸せになれるいきもの

幸せな子ども時代を過ごす子どもを増殖させるための哲学と甘い毒。(旧:それでも幸せな人はいるから)

自分ってめちゃクズだなあって

3:27まで起きちゃったよ。もう最悪。「ハピペン」です。

 

他者に人生捧げてんなーって人に出会う。

自分の人生全賭け。

他者に尽くす時間が自分の時間。

有名になりすぎちゃったYoutuberが、結局好き勝手はできなくなるようなイメージ。

 

信用を稼ぐほど、結果を残し続ければならず、自由度は減る可能性がある。

 

憂のない自分を自分として運用していく他なくなる。その善人らしき自分を楽しめるならその道も大歓迎だが、私は難しいなと思う。ゆらぎたくなってしまう。

 

意思が強くないのかな。人間だもの。

 

その上手くいかない人も包括できる自分でありたい。そう言って、免罪符を発行して行脚したいわけではないけど。

 

いろんな時がある。私は私の思うことをして生きたいと思ってしまうけど、それじゃ誰かの生きやすさを生み出せないのであれば、変える必要はあるのかもしれない。

ただし、仮にそれが、自分の外に正しさの規準ができあがるとしても、その自分を生きられるだろうか。

もはやマシーンじゃん。

それを選ぶって主体性だけが自己で、それを選ぶ自分、崇高だぜーって感じだろうか。

 

正に信用時代っぽいけど。

 

何を信じるか。

その対象が自分であってはいけない時代が来るんだろうか。

大きな物語が失われているから?

各々選択しなければならないのだろうか。規準を。

 

そんなことを考えると、自分の規準しか生きようとせず、他者の規準を利用してでも、多くを救おうとしない自分は。

 

自分は、めっちゃクズだなあって思えて。

自分のことしか考えてないんだよなあって。

何もかもその仇。

他者がどうしたらより良いか。

もっと考えて過ごす。

もっともっと考えて過ごす。

確かに外に規範があるのは強いなあと思うけども。

そうでなくて、どこまでいけるか。

一人ひとりの規準を人生として尊重して。

少しでもよりよく、許せるような。

「心一つに」「信じれば伝わる」「素直に表出する」というようなことも大切にして。

 

上手くいかなければ、それは、考えきれていない。総時間が足りないってことなんだ。

 

もっと尽くそうって思えたら。

目を見て誰かをほめられたら。

目の前の人を喜ばせることができたら。