かならず幸せになれるいきもの

幸せな子ども時代を過ごす子どもを増殖させるための哲学と甘い毒。(旧:それでも幸せな人はいるから)

振り返り

 交流の成果物のノルマがきつい……ハピペンです。早め早めに相談しておけばよかった。ネゴシエーション力が……ない。まあやるしかない!

 

今日「◯年生でしたこと」を振り返った(低学年)。

 

一言目は「勉強!」だった。

 

まあそうだよね。

 

そこから「何の?」と問う。

 

「漢字!」と出た。

続けて「テストとノートと練習」と言う。

 

そこから湯水のように45分間、思い出して合計

70個くらい出た。

そんなに一つ一つ自分の言ったことって入ってるのか、と驚いた。

年間200日と考えると3日に1つ新しいことを確実に入れていった感じだろうか。

 

そのどれも継続によって身について来るわけだけど。

 

手を上に真っ直ぐ伸ばす、ジャンプ、しゃがむ。こういうのだって、意識して繰り返してできるようになる。

(そう思うとラジオ体操がきれいにできるって結構身体感覚がいる)

 

新しい学びというよりは、生きていく上での基本的なことが多かった。身体の動かし方、人との関わり方、座り方、話の聞き方、字の書き方など。

 

大事なのはこうして残っているこのどれも(99%)は、「なさい!」などの命令形を使わないで指導してきたこと。

 

見せて、選ばせて、問うて、できたら誉めて、できていないときには丁寧に無視をしてやってきた。

 

来年度にまで持ち越せるのかは未知数だけれども、できた自分を70個も覚えているなんて驚いた。

 

今後も、もうその自分を選べばいいだけなのだ。お手本を理解しているというのは強い。

 

その子曰く、「勝手に言っちゃった」と表現しているときがある。そう、誰にだって「つい」はある。

その都度怒鳴られていたらたまらない。機能として、勝手に起こってしまうことはあるのだ。

そういうときもあるよね、と大目に見る。次回以降のできる限りの努力を称賛したい。そして、そのためには、リハーサルなどの練習もいる。

そうして、出来て誉めるがある。

怒った→反省させた→次を約束した→練習なしは、次の一回が本番ってことだ。

そういう指導は、本当はやらせる気ないんじゃない?  ストレス解消のためにあえてできないようにさせてんじゃない?  と思ってしまう。

 

【残る指導】これは、テーマとしてささやかにはあるので、考えていきたい。

 

その子が次のステージでも生きやすくなりますよーに。