かならず幸せになれるいきもの

幸せな子ども時代を過ごす子どもを増殖させるための哲学と甘い毒。(旧:それでも幸せな人はいるから)

「来年度頑張りたいこと」

「ああ、来年度なんだ。みんなジャンプをはじめている……。」ハピペンです。意外な異動を言い合ったり、そわそわしたり。わくわくする?ドキドキする?全く楽しみだ!!!

 

今日は、廊下に飾られている4年の作文を見た。そのクラスには、1時間だけ授業に入ったことがある。

 

そして、驚くのは、来年度頑張りたいことに「5年になったら高学年として、低学年をもっと引っ張っていきたい。優しく教える。たぶんハピペンに教わった3つの関わり方がいいと思う」と書かれていた。

 

有り難い。

子どもに会えるのはあと2日だ。しかし、地脈はつづく。熱い血潮はつづく。有り難い。

 

その3つは、支援級理解のときに教えた「誰とでも仲良くなれる関わり方」のこと。

 

  • 近づいて小さい声で言う
  • 「今、〜するよ」と伝える
  • 「〜するといいよ」と伝える

 

いやー大変に驚いた。有り難い(そればっか)。ちょっと自信にもなった。

 

なんか、風向きの変化を感じる日だ。

 

自分をもっと育てよう。その先でつながる人がいる。つながることがある。

 

その自分が誰かの役に立つのが正しい。

ただそこにいるような「ぬいぐるみ」を越えた存在に近づく(もちろん「ぬいぐるみ」も超重要だよ。だけど、その先で人は人間になる。自分の向かいたい方へ走っていくはずだ!)。

 

がんばってみよう。がんばってみよう!がんばってみようっ!!!

 

と、ここまで上がると、落ちる時は急降下でやばいのだけど、今はそういう気分。やれるだけのことをやる。やってみたい。やりたいんだ!

 

ここまで書いた瞬間、この勢いにのって、白杖を使っている人に声をかけることができたぞ!

(いや、これは本当はわざわざ書くことじゃない。それが当たり前になる世界にしたいんだから。なのに日常でない風にしたらよくない。特別なことではない。そう思えない自分へのアンカーとしての意味も込めて書いてしまおう。)

 

そうだよ!そうに違いないんだ!

今を忘れない!!