かならず幸せになれるいきもの

幸せな子ども時代を過ごす子どもを増殖させるための哲学と甘い毒。(旧:それでも幸せな人はいるから)

スポンサードリンク

9日目:いや、ほんと躁鬱。一喜一憂しない!と思っているけど、上がり下がりしてしまうわー。

昨日は、電車20分乗り過ごしましたよ。寝ましたよ。ハピペンです。

家に着いたら、明日目前でした。この生き方は死ぬなあ……。

 

でも、今日は、子どもが話を聞くんだよなあ……やっぱ天気かなあ……不思議だなあ。

 

授業もヒットが多かった。ジャーナルで楽しいって言ってくれた。

 

やっぱり、教師が学んだ分だけ子どもが楽しそうで、伸びるような気がするんだよね。

 

今は、漢字のノート練を一切課さずに、自由にやらせているのだけれど、休み時間もやったら、家でもやってきたり、進めている子がいます。

 

教師が指図しないことって大事かもしれん。

「やりたい!」ってときにやったら伸びるよね。

 

図工が当たりました。

6種類の線を教える。それを色鉛筆で自由に描く。

  • たて線
  • よこ線
  • もこもこの線
  • ぐるぐるの線
  • ギザギザの線
  • うずまき

この他に、点線やなみ線もあっていいかも。

 

質問で、

  • それぞれの線をつなげていいか。
  • 線を丸くかいていいか。
  • 同じ線をいろいろな色でやっていいか。
  • 何本ひいてもいいのか。

などが出た。

 

図工で大事なことを伝えるための1時間目としてやりました。

大事なことは3つ

  1. 違うってかっこいい(友だちのあれいいなと思っても色を変える、大きさを変えるなどどこか違うをつくろう!)
  2. 失敗は工夫へ(先生失敗したからもう一回やりたいと言う子がいた。隣の子にこれの失敗どこかわかる?と聞くと分からない。とのことだった。そこを工夫するのも図工だ。とした。)
  3. 「できた!」からのあと一歩(芸術に完成はない。と中1のときに教わった。そこが難しいし、面白いと思った。中学で教わったことなんだけど……と言ってから伝えた。「完成はないらしいよ。できた!と思ってからプラス1。もちろんプラス2でもいいよ!とした。)

見て見てくんたちで溢れるため、班にしてジャンケンで勝った人の絵から見ることにした。

  • この絵の気に入っているところどこ?
  • なんでここはこの色にしたの?
  • この絵のここがイイネ!

などを言ってもらった。

 

これの面白いのは、周りが気にいるところが「プラス1」したところで、そこを子どもが発見できるところだ。かいた本人もプラス1を気に入っている場合が多い。

「完成の向こう側」の感覚を図工では楽しませていきたい。「自分を越える」ってことだよね。

 

ペアトークもやってみた。

「あおせん」さんの先生の働き方Design研究所で学ばせてもらいました。

 

緊張して一言も話さない子もいる。やってよかったと思う。朝くじが引けるのも楽しいらしい。繰り返しやっていこうと思う。

 

給食の準備が速かったらしい。

「1年生のころを入れても12:30までにできたの初めて!」と言っていた。

 

結構うれしい。

その理由を当番のチームワークと配膳のチームワークと、そして特に「座って待っている子」のおかげとした。座っている子が多いほど速くなるよとした。

 

さて、明日だ。

スポンサードリンク