かならず幸せになれるいきもの

幸せな子ども時代を過ごす子どもを増殖させるための哲学と甘い毒。(旧:それでも幸せな人はいるから)

15日目:授業力の問題

長袖暑すぎる!ハピペンです。気温で洋服を選ぶのが苦手です……。

 

何が分かっていて、何が分かっていないのか、混乱する。

もうミスが多いので、教室に書いて貼ろう!そうしよう。損なったものを補える教室にしていくしかない!

 

あと質問や相づちのコツも表にしたい。

 

絵本問題は、一旦解決とする。160冊くらい増えた。

 

今はプロジェクトを進めていたし仕方がない。月曜日に会が催される。

みんなそこに向かってニコニコしている。多分楽しめるはず。用意周到、準備万端ってわけではないが、子どもたちでつくっていたものに気持ちがのって、良いものになるといい……。

 

祈るしかないんじゃダメだろうけども……。

 

算数でOUTー!

ギリギリ伝わっていないというかミス。

 

筆算に入ったのだが、「=」を押さえ逃しました。最悪……。

子どもたちに超悪いです。来週のど頭でなんとか取り戻します!!

 

漢字もOUT!

「今」を「止めるか、払うか」という問いにつまずいた。「調べてきます」と返せたのは良かったものの苦しかったなあ。

 

ここまでで2OUT。ギリギリ。

ノーアウトを目指しましょう。

 

「やるかやらないか」だ

「楽をして適当に、易きな流れる」って簡単なことだ。

「面倒くさいから言われたことをやらない」ってことも。

そういう子にどう動いてもらうかを考えていかなければならない。漢字もノートも書けなくてもいいか、そこを考えたい。

もしくは、できないからやらないだけって可能性もある。

どうすれば分かりいいかを考えていきたい。

 

漢字なんかは、選択制にしてやらせて自信をつけさせたっていいよね。それでやってみよう。

 

あとは「やるかやらないか」でしかない、教師の仕事がやらせる力では困ると思っているのだけれど、お家の支援もあるかなあ。

やれていない分は、チャレンジはするってルールに変えていくしかないだろうか(放課後?)。

 

その他

昨日そうじで泣いていた子は、笑顔でそうじを終えていた良かった。

 

1年生を迎える会もあったけれど、そこそこ。並ぶ幅に理不尽を感じたけれど、無理して適応していて◯でした。

 

朝のペアトークを楽しいって言ってくれる子がいる。よかった。

 

道徳のスタートはよかった。

 

週末は単元での授業構想をもっとちゃんとやります。反省……。

 

ここらで一旦「子どもとは?」を踏まえておいた方がいい。

自分がブレそうになる。

焦らず。掲げたいもんを掲げていこうか!

子どもの特性 - かならず幸せになれるいきもの

 

この姿については大目に見よう。子どもたちは大いに子どもをやってるんだ。愛おしもう。愛そう。いいじゃないか!