かならず幸せになれるいきもの

幸せな子ども時代を過ごす子どもを増殖させるための哲学と甘い毒。(旧:それでも幸せな人はいるから)

18日目:MAXでなくとも!自分の感覚を信じろ!

いろいろ。いろいろね。いいよ、逆境!こいや!って感じ。戦うぜ!戦い続けるぜ!ハピペンです。

 

特に意味はないです。意気込みを叫んでいるだけなのです。

 

今日は、いよいよ帰りの会に覇気を使ってしまったが、たまにはいいのかもね。

 

ジャーナルにも「今日はハピペンが厳しかったです」とありました……そりゃ、あっていいわっ☆

 

今日もいろいろできたぞーーー!!

 

「ふきのとう」音読発表会

いよいよでした。

他のクラスは場面でやっていると聞いた。

うちは、全通しで7班やらせてしまった……。

でもでも!考えただけ、子どもにわずかに行き届いていたのか回った。

 

そして、自分たちで話し合ってつくっていったというのが良かったと思う。

 

ここまでの時数でやったことは

  1. 音読
  2. 登場人物の確認
  3. どの会話文がどの登場人物かの確認
  4. 役割決め
  5. どうやって読むかの検討
  6. 練習
  7. 本番

といった感じ。

 

ほとんど子ども同士でやらせた。

 

その本番っていうので、自主性があったかもしれない。

 

聞き手には、全員の「名前」役割」「どう読むか」「姿勢・声の大きさ・正しく字を読む」の評価軸の枠をA3に印刷して渡した。

 

私は、サイコロで順番を決めて、「時間は6分間です」と言って、真顔で見ていた。

子どもたちは、よく評価して見ていた。良いか悪いか迷ったが、視点をもって聞くことができたのは良かったと思う。

だから、自分たちもきちんとしようとするし、27人が姿勢がよかった。

 

1班終わるごとに「いいね!を見つけた人ー」と問い、1人だけ当てた。

 

明日、プロの朗読を聞かせると言ってある。

読みの朗読CDを流す。

そこで、自分とここが違うとか、自分の方がいいとか考えさせたい。

 

「プロのを聞かせるからね」と言った瞬間「今聞きたい!」と言った子がいた。

今振り返ると、聞かせればよかったと後悔している。

そういうのを感度よく拾えないで、お役所仕事してるから、自分ってクソだなって思うわ……。

 

「ちがい」は何か。書かせながら聞かせようかな。

 

そして、今回の単元で学んだことの振り返りを書かせてみよう。

 

ただ、今回やっぱり「何のため誰のため」が全く足りなくて、次の音読発表の機会にはそれを意識して読ませたい。

 

くり上がりのあるたし算の筆算祭り

もうこれは、全員できているので練習あるのみ。

「ときかたハカセ」恐るべし……。

毎回、位取りをしつこく聞いて間違いが減ってきたと思う。今のところ1H予定より早くていい感じ。

 

中体育

やばい。体育係の子がやばい。

一人で、2年生全員を2分くらいできれいな円にする力がある。怯えた(笑)

 

「いろいろレース」なんかをして、走らせまくり、ろくぼくを使ってリレーをさせ、ドロケイをする。

 

ろくぼくのときに、最後に遅くなって一人走らなければならない子がいた。

こういうときに、いつもの約束の「最後まで」が効いてくる。

「今の最後までだよね、これだよ最後まで頑張るっていうのは、拍手しましょう」と言うと、速さより最後までが入る。

そして「今、最後誰だった?」と聞くと答えられる子と答えられない子がいる。

「すぐに言える子は、最後までよく見ていたね、それも素晴らしい」とまた拍手をする。

 

2回目をやると、子どもの態度がグッと変わった。

これ以外何も言っていないのに「がんばれー!」の声がめっちゃ出た。いいぞ!この子たち!

 

ジャーナルで「今日の体育めちゃくちゃ楽しかった」と書いてくれた子がいた。よかった、よかった。

 

他に

今日は音読発表会の関係で、朝の会を2時間目にやった。すると「えー今日ペアトークやらないのー?」と言った子がいた。意外な子だったので、嬉しかった。

 

ペアトークについて、ネガティブな反応を全く聞かない。

 

今週は健康観察で「スケーリング」を入れるようにした。元気度を1から10で答える。

これも、自分をメタする練習の一つと思う。

 

あと、帰りの会、家庭数の手紙3連発で手を挙げるのが下手な子が多くて、いよいよ覇気を使ってしまった。

f:id:penguin-kn:20180425201512j:image

(私が言ったのは「なーんでしゃべんだよ!」です。)

 

いいえ、ただの不機嫌です。

 

水を打った静けさに。

 

サッと手紙を配り、さようならをする。

そして、「じゃあ、後はジャーナルを書いて帰ってくれ!」と言った。

 

私は、6分後に、家庭訪問の一軒目の家に着いていなければならなかった……。