かならず幸せになれるいきもの

幸せな子ども時代を過ごす子どもを増殖させるための哲学と甘い毒。(旧:それでも幸せな人はいるから)

27日目:いろいろな肩の荷が降りて……来週はもっと気楽だと期待して1週間を終える

なんか泣ける一日……ハピペンです。

 

心が疲れている。消耗している。明らかに。

 

名シーンも多い一日だったが。

 

参観について

私の授業はズタボロでした。

ただ、口調であったり、人となりを誉められた(授業には一切誉められるところがないからかもしれない)。

 

ここについては、またどこかで猛省することにする。

 

初レク

子どもたちの力で90%できていた。すごいと思う。

みんなでつくろうとか、みんなでやるとか、自分たちで、自分ごとで、というのが出来るようになっていくと嬉しい。

 

レクの後にトイレに行く時間がなかったことが大きな問題だった。

 

いろいろなことがある日々の中で、いろいろなことが思い返されて、いろいろな解釈をして、いろいろな日常に戻っていく。

 

何か素晴らしい方法、完璧な手立て、優れた実践があるわけではなくて、目の前の子どもを見つめること。

究極的には、それだけでしか答えは出ない。

 

もっと見よう、もっと見ろ。

 

その見方がわかるかどうかが、プロとしての役割なのだから。

 

なんとなく浮かんだこと

全然違う視点で自分がこんな状況に陥っている顛末を考えると、そうじ・給食当番・係・朝の会・帰りの会・日直の仕事の当番表づくりや、そもそもの当番の割り振り方がうまくいっていないツケが、尾を引いてここまで来ているように思う。

 

私は忙しくなかった。忙しくさせられてしまった。

そんなどうでもいいシステムたちは、学年で揃えてしまってほしい……ああ、やだやだ。

ちなみに、愚痴ではないです……。

 

来週はもう少し酸素を吸い込めるような気がする。