かならず幸せになれるいきもの

幸せな子ども時代を過ごす子どもを増殖させるための哲学と甘い毒。(旧:それでも幸せな人はいるから)

【週次レビュー】3月の姿をもっともっとイメージするんだ

土曜日もいつも通りに起きられたハピペンです。

昨日の夜は、ドラマやアニメのエンディングに入るときの「引き」のことをなんていうか、横文字があったような気がして、のたうちまわってしまった。

 

なんとなく「週次レビュー」が必要そうな感じがして、やってみることにする。

かつて、はてなの荒野にいた「あおせん」がよくやっていたやつだ。

 

 土曜日

www.happypenguin.net

この日は、友人や親に会った日だった。

「まあ、とにかく、真面目に一生懸命働く。」ってこと。

一週間経って金曜日になるともう意識から遠のいているなあ。

目の前の子どもの姿や、様々なコトバに自分がほんろうされる。

良い意味で、ゆらげるゆとりは残しつつ、何を言われようと、自分はブレないってことを忘れちゃいけないなあ。

育てたい力を改めて【言語化】しよう。

そこからズレることは行わないように気をつけよう(行なっているともあまり思っていないけれど。子どもが困惑しないように)。

  

日曜日

www.happypenguin.net

ななこさんの記事により呼び覚まされる自分。

  • 友だちといることが楽しい
  • ルールの中で遊ぶことの楽しさ
  • 自分の成長に気づくことの楽しさ

を大切にしようと考えた。

 

月曜日

www.happypenguin.net

この日に給食の片付け方を変えようと考えた。これはとても上手く機能している。

牛乳パックが机の上に残るってことがなくなった。

これは前任校での片付け方の知恵。経験が役に立つ。

この日はのんきに過ぎていったという印象がある。

どうしてかというと、教えるよりも、子どもたちのアウトプットが多い日だからだ。

私からのインプットものんびりできるようにしたいのだけれど……。

 

火曜日

www.happypenguin.net

全員で写真が撮れた日。いい天気だった。

一人ずつ見るにはどうしたらいいか。考察していきたい。

一日に一人ターゲットを決めてかかわることをしてみた。

自分の中では、納得感をもってかかわれているが、まだまだ見落としはあるのだろうと思う。

しかし、支援のときと一人ひとりを見る感覚は確実に違うはずだ。同じ感覚で見れば5倍何もかもが増すってことだ。

ということは、何かシステムを変えないといけない。

それが、ジャーナルであったり、毎日の宿題であったり、一斉授業であったり、プロジェクトであったり、といろいろあるのだろうけれど、もう少し分かりやすい何かがいる。

また、去年起こっていたような、モヤモヤが本当はあるのかもしれない。

「あ、そうか!」と気づけたら強いのだろうけど。

 

【去年の話】

www.happypenguin.net

 

水曜日

www.happypenguin.net

国語で苦しむ。

大変困惑している日。

 

次の日に、負荷をかけてみることにする。

活動させること。

野中先生が「小刻み活動」というコトバを使っている。

ここに答えがありそうである。

たとえば、暇だから喋る。

今の子たちは、もっと動的で、受け身だとすれば、強い刺激でないと動けないといったところもあるのだった。

「現代の子と刺激へのレスポンス」って重要な観点じゃないだろうか。

以前に「イレギュラー対応力」と思ったことがあったけれど、とにかく、刺激に従順であったり、刺激に弱かったり、刺激に耐性があったり、刺激を渇望していたり。

気になる。

卒業式や葬式で笑いを堪えられないような感覚に近い。

 

木曜日

www.happypenguin.net

「もう少しいろいろと思い出しながらやろう」と思う。

漢字が苦手な子がいるなら、選択肢で解かせる。漢字が分かってはいると感じさせる。

問題は思い出せないだけなのだと気づかせる。

あとは記憶力の方の課題ということだ。

読みについての問い方、最初はクローズな問いを出して、理解を呼び起こすこと。集中させること。

これまで、そうしてきた。

それにもかかわらず、何かに振り回されている。何かは分からない。

「周りと同じように」といった周りの目という縛りだと思う。

算数では、ノートをメインにやっていこうと考えた。

教科書からノートというよりは、ノートから教科書にいった方がいいのだと思うがどうだろうか。

動線として。

「教える→ノート→教科書」だろうか。

「教科書→教える→ノート」だろうか。

同時であったり、あっちこっちであったりが迷いを生む。

そして、この日は退勤が遅い。

月、火に用意していなかったプリントやら、教室の片付けやらに追われる。

っていうか、廊下の掲示物が、3日連続落ちて貼り直したんだよね。

これが今週一番無駄だったと思う。

本当に一体なんなんだよ!!養生テープが自由に使えない所為だと思う!!

 

金曜日

www.happypenguin.net

プロジェクトが起こって、子どもが子どもをほめる時間が勝手に出来上がっている。

これは見ていて面白い。

 

そして、わたしは「もっと松岡修造みたいに子どもをほめたい」と感じた。

 

楽しみたいんだ!!

「いや、行こうよ! もっと来いよ!!」って思う。

 

そこに行くにも、コトバだなあ。

「だるさ、面倒くささ、かったるさ」この辺りを、ズドーンと横に放り投げられたらこのクラスは強いと思っている。

思ったより、疲れているのかもしれない。今時の子どもたちっていうのは。

 

というわけで、以上をもとに、来週のハピペンを考えてみると。

 

来週に向けて

  1. 私が楽しむこと
  2. ぐいぐい引っ張るつもりを醸し出すこと
  3. 3月の姿をイメージして、クラスにあるルールを繰り返し示すこと

この3つを気をつけようと思う。

それに、

  • いっぱい遊ぶこと。
  • 宿題を提出させること(一番嫌な形骸化だが)。
  • ジャーナル・ペアトークの意義を高めること。

 

全員の居心地を保障したい。