かならず幸せになれるいきもの

幸せな子ども時代を過ごす子どもを増殖させるための哲学と甘い毒。(旧:それでも幸せな人はいるから)

34日目:あっさりとした振り返りで自分を正す

夕方……ハピペンです。糖分を抑えようとしているのだけれど、夕方になるとフラフラするような気がする……。

 

「全員」っていうのを大事にしたい。

「全員」とか「みんな」とかの価値って当たり前だけど簡単じゃない。

 

「もっと、みんなを見よう!」って言ったらいいだけなのかもしれない。シンプルに。

 

私もカリキュラムを優先することに飲み込まれそうになる。もしかしたら、飲み込まれている。

 

今日は、やっと歌本のCDを用意できたため、音楽で歌を歌えた。

子どもたちは「もう一回」と言い、「スマイルアゲイン」を歌いたがった。

 

良い歌から、言葉や思いを手に入れていってくれるといい。

もしかしたら、うちのメインテーマになるかもしれない。

 

とにかく、4月より聴くのが数段うまくなった。それは、嬉しい。

 

アドラーっぷりはちょっと弱まってしまったかもしれない。

トラブルで呼ばれるとどうしてもイライラする。

自分たちでなんとかしてほしい。

先生呼べば勝ちみたいなのがイライラする。

あと最後まで話そうとしないことも。

逃げグセが苦しい。

 

そう、負の注目は無視すればいいのに。

飛んで火に入る初夏のハピペンなのだ。

次からは気をつけよう。いいことないわ。

どこの関係も優先せず、フラットにいる。

それも委ねる。私が無力と思われるだろうか。

そこのさじ加減がとても難しいと思っているのだけれど、冷静に話せばなんとかなるような気がする。

 

今日は「向き合って聴く」の練習もした。

全く相手の方を向かないで聴く、向いて聴く。

違いを体感させられてよかった。

 

すみません。あっさり。

月・火は、わりと安定しているなあ。

 

いつも水から退勤時間も遅くなり苦しんでいる。

 

明日に期待だ。