かならず幸せになれるいきもの

幸せな子ども時代を過ごす子どもを増殖させるための哲学と甘い毒。(旧:それでも幸せな人はいるから)

40日目:ニュートラル

帰りは自転車で雨に濡れてしまった……ハピペンです。

 

今日は……というと、嬉しいような、苦しいような心境です。

 

やれることをやる。

やれるだけのことはやる。

この上がりと下だりの行き来。

 

こういう日は「学校が楽しい」ってなんだろう?と考えてしまう。

 

一番は「伸びる」ってことだと思う。

二番は「友だち」。

三番は「コンテンツ」の面白さ。

 

子どもからすると

一番は「友だち」

二番は「コンテンツ」

三番は「伸びる」ってことかな。

 

そして

「楽しく分かるように教えてくれる」

「ほめて叱ってくれる」

「やる気にさせてくれる」

 

全部「くれる」なんだよなあ。

 

そこにコミットできていないかもしれない。

 

「してあげる→してくれる」の関係?

もちろん二分するのでなく、もっと良い間や言い回しがあるだろうけども。

 

授業なのかー???

 

でも、そうやって、面倒を見る仕事なんだよね。

 

そうしていく中で、

  • 私には能力がある
  • 人々は私の仲間である

と思えるようにする。

 

決して、先生のパワーではなく。

子どもたちにパワーを感じさせ、子どもたちが生きていきたいと思えるような力を育む。

 

温室で世界を信頼できた方が子どもたちにはいいのだろか。

 

つくっていくことができるってポリシーを貫くのは簡単ではないのかなあ。

 

もっと学校を利用して楽しんでもらいたいが……。