かならず幸せになれるいきもの

おしゃべりによる出現する未来から学ぶ

044|週2だからだけではないのかもしれない

ある場面や手立て一つ取り上げても、子どもの目線に立っていると言われた。嬉しい。自分では感じていないが、自然な所作として、そう見えるところがあるそう。テクニック的なものではなくて、子どもを向かせることとか、悪くないよと言っていた。 もっと、グ…

043|週2だからだろうか

子どもたちは楽しそうである。 学習も頑張っている。多くて、週2だからだろうか。 授業も頑張って力を発揮していて、意見も聞けて、私も楽しめていると思った。 少人数だしね。得意分野では、ある。 その少人数での満たされと、多人数での満たされなさの屈…

042|対人関係の悩み

すべての悩みは対人関係の悩みだというのはよく言ったもので、本当にそうなんだろうなあと思う。 分散により、子どもたちに2回ずつ会った。 そこそこに関係ができていることが分かって、頭が一気に軽くなったように感じる。 ミスを防ぐためのいろいろな施策…

041|スマホを忘れた

スマホを忘れて、スマートなのはフォンであって、私はバカちんなのだ、と露骨に分かってしまった。スマホを持たない自分とは、なんの情報も持たない浮遊物である。 というか、それは言い過ぎだろうけれど、身一つでいると、「この自分に在るもの」ってなんな…

040|冷却期間

このなんでもない幻灯を、一度冷却しようと思います。 と思ったのが昨日の夜でした。 脳疲労のためです。ミスが起こるのが苦しいためです。 帰りの電車をブログにあてていたが、もう一つの振り返りを帰りの電車に当てようと思う? そうして、寝しなにスマホ…

039|愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない(fact to feeling)

自分がH×Hの世界にいたら、こういう能力な気がする。 「予期したことは、現状からプラスのことへのみ上手くいく。反対に、予期したマイナスのことは起こらない(起こらなくする)。」という能力。 思い返すと、自分の「よみ」によって、良い方に事が運ぶ事も…

038|少し勘が戻ってきたな

今日は少人数ということもあって、自分なりに目が行き届いたように感じる。 子どもたちも大変ほのぼのしていた印象を受けた。この心地よさを年間通じて感じられたら、この仕事は幸福だなあ。 昨日の反省も踏まえていろいろと改良もあるからだろうな。そうい…

037|頭がいくらかクリアである

やってみて見えることってあるなあ。 それでいいんだよなあ。 チャージが長かったからこそ、よい結果を出さないと、と焦ってしまっていたのだろうなあ結局。 子どもに会うと楽しい。 目線を落として、一年仲良くやっていきたい!みんなで楽しくだ。 今日見つ…