かならず幸せになれるいきもの

特別支援×ブリーフセラピー×アドラー心理学

仕事ってなんだっけ(旧:生きるって楽しいじゃん)

仕事ってなんだっけ。

仕事っていうと、挫折した物理を思い出しますが、
確か、物質を移動させた力のことだったような。仕事量。

それは、さておき、職業・労働の方の仕事。
ちょっと辞書を見ると、
仕事は、
・何かを作り出す、または、成し遂げるための行動。
・生計を立てる手段として従事する事柄。職業。
・したこと。行動の結果。業績。
労働は、
・体を使って働くこと。
働くは、
・仕事をする。労働する。
とある。なるほど。

キーワードは、
生計、何かのための行動、体を使う。
といったところです。

この三つを根拠として、仕事を見つけて出会うわけですね。
もう少し言い換えると

・何をして生きていきたいのか
・その中で何を成し遂げたいのか
・自身の何を使うのか(能力、体験、知識、根拠)

概観はこのようなところかと思います。
これ以上もこれ以下もないように思います。

それでも、仕事ってなんなのかよく分かりません。
ポイントは"生計"という言葉でしょうか。
ただ、これを成し遂げたい、このやり方でやりたいではダメなのですね。
(深いなぁ。)

生計=お金というわけでもないところがまたややこしいですね。
自給自足で、生計がたっていれば仕事と言えるわけですね。
辞書の例にもありますが、縫い物なんかを針仕事と言ったりします。
まさに、自身で身に付けるものをこしらえて生計にプラスしている仕事なわけです。

仕事っていうのは、
「何か(サービスや物などの提供)をして、
生計の役に立つもの(主にお金または時間やそれに代わるもの)が手に入ること。」
でしょう。

もうすこし区分すると、この中でも
・自分のための仕事

・自分以外の人のための仕事
に分けられると思います。

先に、自分のための仕事は、
さっき言った自分のために料理をしたり片付けをしたりとあると思いますが。
あまり仕事って言いませんね。
生計の役に立つとしても、プラマイが0だからですかね。
たとえば、
料理→食べ物を得る代わりに時間と食材と労力を消費する。
片付け→心地よさと快適さ得る代わりに時間と労力を消費する。

ここで、扱っておきたいのですが、
では、ボランティアはどうでしょうか。
これは、実際の実際には、相手の役に立つ行為だと思います。
ただ、これをあくまで自分のことのようにするからボランティアになるのでしょうね。
要は、お互いに得るものがあり、イーブンだということです。

と、ここまで言って、
私が仕事の項で書きたかったことは、こんなことじゃーない。

仕事っていうのは、「誰かの役に立つこと」じゃないか。
という話しです。

仕事とは言葉が変わってしまいますが。
「働く」の語源の話をします。

「働く」は、「傍が楽になる」というところから来ているという話があります。
傍ってのは人です。

この話を知ったとき、素敵だなと思いました。
自分だけのための仕事、「自分が楽になる」では、
働いたことにならないんだと思いました。

もし、本当に働きたいなら、ちゃんと誰かのことを考えなくちゃいけないんだね。と。
ただ、自身の生計のために仕事を探すのも良いですが、根本にはこの原理。
「傍が楽になる」の原理を忘れてはならないなと思うのです。

それに、生計が立てられることは、生計の役に立つものをもらっているからですが、
じゃあ、なぜ、生計の役に立つものがもらえるのかといえば、
それは、誰かの、相手の「役に立っているから」ですね。

「誰かが楽になる」ってことは、その人にとって自分が「役に立っている」ということでしょう。

仕事・働くについて言いたかったのはこういうことです。

そして、「役に立つ」という言葉についても言いたいことがあります。
それは、「役に立つ」っていうことは、自分が
「その"役"(の舞台)に立つ」という意味ではないかということです。

舞台には役の無い人は出られません。登場しません。
役をもらえた人だけが立つことができます。

仕事をするということは、あなたがその現場の舞台に上がるということです。

「はい!私にこの役をやらせてください!」
その役、あなたは演じきることができますか?

これが仕事なのです。

あなたがもらいたい役はどんな役ですか?
お年寄りに感謝される役ですか、悪い人を捕まえる役ですか、おいしい料理を提供する役ですか、
子どもを笑顔にする役ですか、きれいな音楽を奏でる役ですか、立派な家を建てる役ですか、
動物のお世話をする役ですか、洋服をデザインする役ですか、誰もがハマるようなゲームを作る役ですか、
それこそ憧れの舞台で演じる役ですか、役に立つ方法は無限大です。

それが、本当に役に立ち、また定期的に出番があれば、
「あなたが役に立つことができれば、それは仕事になります。」

仕事ってなんだっけ。

それは、役に立ち、誰かを楽にする、この世の優しい考えをもつエンターテイメントのこと。
(は、言いすぎかな。)