かならず幸せになれるいきもの

幸せな子ども時代を過ごす子どもを増殖させるための哲学と甘い毒。(旧:それでも幸せな人はいるから)

コントロールの質とパターン

人って、お返ししそうか、それを実行しそうかを見ているらしい……「ハピペン」です。

人々は相互のコミュニケーションに拘束・コントロールされている……???

 

昨日「ありがとうの花束」をはじめたい!と思って、お花に「ありがとう」を書いてもらおうとした。

 

そこで、ビミョーと思ったのが、つい書いてもらうと誉めてしまうところ。

 

「いや、ありがとうってほめられるからするもんじゃねーだろ」

 

書いたことで、相手がどんな気持ちになるか、自分はどんな気持ちがするかをメタすべきだ。

 

無意識に他者をコントロールしている気がした自分が嫌。こういうコントロールの質は低い。行動を操作しようとしている辺り。それで身につけさせたいこともあるのかもしれないが。

 

以下、最近のコントロール三部作。

理想的な関係を3つ挙げた - かならず幸せになれるいきもの

オーバーギブと怒り - かならず幸せになれるいきもの

学校=(?) - かならず幸せになれるいきもの

 

そのまとめの記事として以下は続き。

 

私は何かメリットを感じてコミュニケーションをしている。コミュニーケーションは人を拘束する。コントロールする。

 

今朝「利他的な行為」の起源について本を読んだ。どうしたって利己が含まれると理解した。

 

どうしたってしてしまうなら、コントロールの質を上げたい。せめて、人として相応しい方を選びたい(ちょーむずいだろ)。

 

もうね、どんな自分も本来的自分は存在しないのかもしれない。そんなことを思う。コントロール(環境の影響)を受けて取捨選択してきただけ(その取捨選択の一部こそ遺伝と思う)。

 

全部後付け。

 

だから、私は、「私を生きている」というよりは、「パターン」を生きているのだろう。

いつ頃作られたパターンか。

何によってそれが確信に変わってきたのか。

 

私のパターンは変わらないところもある。

 

しかし、生きる環境は変わる。

だとすれば、アップデートがいる。

元のプログラムに、付け足したり、選択肢を増やしたり。ちょうど、携帯にカメラが載ったような感じや、スマホに変わっていったようなイメージでよい。

 

生きる社会が変わるから、自分のパターンも変える。それが、大人になるってことかもしれない。

 

支援級で育む力を一言で言うと「適応力」と言った先輩がいた。

困難に直面しても、自分が自分を保ってなんとか適応できる力が身についたとき、人は「大人」になるのかもしれない。

 

トータル、言い直せば、必要なことは、コントロールされるだけではなく、自分でこそ自分をコントロールする(しようとする)力を身につけること。自分なりに長生きできる状態にいること。

自律と自立。

 

そのよりよい自分のコントロールに向かっていくには、既存の自分ではパターンでしかなく、それ以上が生まれないと思う。

 

ならば、どうやって今の自分以上へと向かうか、どうやって「自分を越えるか」。

 この二人もそういうステージを突破しようとしている(と勝手な印象をすみません)。

Beyond Lab #1の振り返り 【 自分の目指す学び場の形に気がついた 】 - 小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

3年前、4年後 - 小学校の先生を120%楽しむ毎日

 

私なりのヒントは自分の外にブレーンをもつことだと思っている。もちろん選択権は自分で、ただ、判断材料や思考に他を入れることが重要。

私の場合、最終判断は、年始に掲げた「四字熟語」を頼ることが多い。

 

ただ、保有しているパターンをどうするかは、自分次第。

個人的には、本当の自分なんてものはいなくて、後付けなんだから、今の感覚で行きたい方、生きたい方を選べって思う。

無思考で無意識の虜が一番あぶない。

 

唯一、自覚的な再選択が、本来の自分に近づき得ると思う。

 

まず、それが、上位概念や抽象語に変えたりするとパターンでしかないことに気づく必要がある。

 

そして、そのパターンによって、あることを回避しているか、再現していることに気づく必要がある。

 

それから、そのパターンを続けるのか、新たなパターンを試すのかを選択するステージが訪れる。

 

言いたいのは、なんであれ、あなたはもっとあなたを楽しめるということ。

 

あなたは、誰かのパターンを生きている。

あなたが、あなたのパターンを生きていると自覚できたとき、そこでしか味わえないものがあるはず(自己啓発臭がすぎるが……)。

 

とりあえず、コントロールし合っている自覚をもって、質を脅かしすぎない選択を考えたい。

 

そうして、また、今日から生きていく。