かならず幸せになれるいきもの

幸せな子ども時代を過ごす子どもを増殖させるための哲学と甘い毒。(旧:それでも幸せな人はいるから)

ああ、浮遊感

疲れてんのかな?「ハピペン」です。

昨日のふわふわしたやつもそうなんだけど、焦っているのと、無理しているのとがあるのかもしれない。

 

学校でしていることがオートメーション化していて、子どもが勝手にやっていて思い出しにくいからだろうか。仕事における充実感が薄い。

 

今日、彼らは何をしていた?

  • 急に目標を叫んで、目標よりプラス1多く課題を終わらす。
  • テストで悪くない点を取る。テストで悪い点を取る。なんであれ、30分集中して取り組めるところがすげー。
  • 休み時間は子どもだけで遊んでる。来年に向けたらそれでいい、それがいい。
  • 今日初めて、前に立って「みんなからの連絡」を喋った子がいたなあ。それを見て「Aちゃん少し成長したんじゃない?」と言っていたなあ。いい感度。【これが今日のベスト】
  • ある子が掃除をするようになった。思えば掃除でのケンカが3学期はない。
  • 放送委員の原稿を朝までにやってくるようになったなあ。
  • 「ダメ」という注意が増えた子がいるなー。
  • 余計な「身体接触」をなくしたい。それを一般化されては大変。

無理に振り返ればいろいろあるもんだなあ。

 

浮遊感は、ふわふわしている感じは、

  • 学期終わるまでに買ったテストはやらなくちゃとか
  • 結局、就労にはコミュ力とか言われて、それって意図的に育むことできんの?って思って偶然性に頼る仕組みづくりじゃなあ、とか
  • とにかく校内で多くの人をつなげてバッターボックスに立つ数を稼ぐかーとか

整理しきらないことがあるせいかも。

 

 

ここから脱したい。

そのためには、あがいてあがいて、何度も意味ないセミナーに行って、そうして少しステージが他の人と変わる感覚を得る。しかし数日経つと元に戻る。それでも繰り返す。そうしていくうちに、それに行かなくてもセミナーに行った後くらいのモチベーションを保てる自分になれるみたいなことを聞いたことがある。

 

ステージの変化は感じる。

けれど、今に、もうデコピン一発でもとのステージに弾かれそうだ。

 

今、ここから、

誰に会うか、何を発信するか、何を連絡するか、何を読むか、いつ書くか。

 

「何をするか」

 

それで、変わる未来がある。

 

まあ、どう転んでも、どれでも全部楽しそうではあるからいいんだけどね。

 

究極、結果はコントロールできない。その結果をどう次につなぐかだけが、私のコントロールできる領域。

 

とりあえずの全力。

 

できることをする。

楽しむ。

時間を確保して整理する。