かならず幸せになれるいきもの

幸せな子ども時代を過ごす子どもを増殖させるための哲学と甘い毒。(旧:それでも幸せな人はいるから)

なぜ、ふざけたくなるのか

朝走らずに済む人間になりたい。「ハピペン」です。なんだろうなあ。ギリギリばかり。それこそそういうパターンなんだろうなあ。別の習慣を持ち込めるだろうか。

 

 さて、なぜ、ふざけたくなるのか。

 

つい、チャチャを入れたくなる。

真剣に偉そうに自分は正しいみたいに語っている人を見ると特に、余計にそう思う。

 

ある意味、緊張状態ほどチャレンジングかもしれない。

 

昨日、ふと、気づいてしまった。

「あの人前ではふざけるのはよそう」と考えている自分に。

 

私は自然にというよりは、考えてふざけているようだった。

 

そして、その「やめとこう」と思う相手は、自分の調子のいいときはふざけるくせに、他の人の場合は、今は違うなどといって、コントロールしようとしてくる相手だったのだ。

 

気分や内容、TPOによって勝手に基準があり、人を判断する。

 

そういう人の前で私はふざけることを怖がる。遠慮する。やめてしまう。

 

そのふざけたかったり、ふざけたくなかったりの傾向は、小さい頃の経験が関係するかもしれないと思った。

父の前でふざけられなかった、でもふざけたい、私はふざけていい存在なのに!という謎の証明行動から生まれてしまっているかもしれない。

 

私のふざけていい場が増えるほど、ふざけを許さなかった父を間違った存在とできるということだ。

 

実にくだらない。

 

そんなことに翻弄されて、私は、ふざけ続けているのかと思うと本当にアホらしい。

 

その傾向は、20歳くらいから強くなってきたと思う。

 

今も隙あらばふざけている。

 

パートナーにそのことを話すと「そのふざけはなんか悪いのか?」と言われた。

 

私は、動機がアホらしく、どうでもいいパターンが自分にあることに嫌気がさすのだが。

 

パートナーは「何かいいことがあるからふざけるのではないか」と言った。

悪いことがないから、ふざけるってことだ。

 

そこには、父の文脈を越えたものがあるのかもしれない。

発生はそうだったとして、それが続くのは、デメリットに気づけていないか、メリットがあるからのどちらかというのは、その通りだろうなと思う。

 

さて、なぜ、ふざけたくなるのだろう。

 

今日、子どもが連絡帳を書きに交流級へ行った。

ヘルパーさんが見に行くと、ちょうど廊下から戻ってきたらしい。

「ふでばこもっていかないで鉛筆どうしたの?」と聞くと

「A先生に貸してもらった」と返ってきたらした。

「ちゃんとありがとう言った?」

「うん!」

本当かさらに聞く「誰に?」

「A先生に」

「本当?」と言うと、スタスタ戻っていったという。

そのとき教室と真反対の階段からA先生が来たらしく、子どものA先生にありがとうを言ったは100%嘘だと分かった。

 

教室でその話を聞いて、私も問い詰めた。

「鉛筆借りたの?」

「うん!」

「誰に借りたの?」

「A先生。」

「ありがとう言ったの?」

「うん。」

「誰によ?」

ここで子どもは下を向いた。

ん?

 

 

 

 

 

 

 

ボソッと

「水道の中で……」と言った。

 

私はすかさず

「んだよそれ!新しい小説のタイトルかよ!」とちょっと笑顔で言った。

 

それで、ヘルパーさんは、30秒くらい下を向いて笑いを堪えていた。

 

間と、確かに感と、意外性とがピタッと決まってしまった。

本当にすみません、たまにふざけて。

 

思えば、年々「えっ何言ってんの?」が減ってきたように感じる。そんなの頑張って何がしたいのか、わけがわからないけど。もちろん失笑も満載。気をつけなきゃと思う。

 

ただ

「笑う人がいなかったら、私はふざけるのをやめるに違いない」

とは思う。

 

ね。

ほんとに、不躾で、不適切ですみません。

周囲の関係者の皆様。いつも、温かく見守ってくださって本当にありがとうこざいます。