かならず幸せになれるいきもの

特別支援×ブリーフセラピー×アドラー心理学

遠足

寒い!雨!風冷たい!「ハピペン」です。

 

そんな中、遠足。

 

親子で。

 

大変だったかもしれない。

 

けれど、たくさんの組み合わせでコミュニケーションが多発していた。

親子遠足の大きなメリットだと思う。

【親子遠足のメリット】

  • 彼らは現実社会に出てなんぼだ。
  • 親同士の自然な関わり合いが生まれるのもナイス。
  • 他の子の成長を見ながら自分の子どもも見つめられる。

【親子遠足デメリット】

  • 貴重な時間を奪う。
  • 出費がある。
  • 消耗する。

ネガとか、デメリットとか、不満とかいろいろあるかもしれない。

寒いとか、雨とか、風とか。私たちの進行の至らなさとか。

 

それでも、まず第一に子どもたちにとって100%価値があった。

「このハッピーを抱いて来年を越えていけ!」って強く思う。

 

子どもに時間をかけるってことが、こんなに尊いものだとは、思っていたが、改めて強く自覚した。

 

費用対効果とかすぐに考えたくなっちゃうんだけど、「今の安心」って結構重いというか、見ていて響く。心が動く。

お家の方々本当にありがとう。いつも本気で子どもと向き合っていますよね。本当にすごい。そんな中、学校に送り出してくれて、私たちを信じて育てさせてくださって感謝します。

そんな気持ち。

大変だし、忙しい。そういう時代にいる。そんな中、一日、丸一日空けて学校がやることに参加してくださった。やばい。

 

その感謝を忘れたくないのと親の凄さ。

この熱を忘れ去ってしまわないために残しておこうと思って書く。

 

見ていて子どもがリラックスして過ごしているのが分かる。

私はわりと隙だらけで安心を生み出しているつもり……そう。つもりなのだけれど、全くかなわない、寸分もかなわない。

 

子どもを安心させまくる、協力的なお家の方たちと子どもを見られた一年間にも感謝。

 

子どもどころか私の渡し忘れとかもよくあった。大目に見てくださいまくった。

もう終わる。本当にあと10日間で、どうしたって終わる。

1年間の感謝を込めて、残りを過ごそう。

過ごさなきゃ。