かならず幸せになれるいきもの

特別支援×ブリーフセラピー×アドラー心理学

起死回生:その2(どころか瀕死です……もうなんなん!!)

寝ないで頑張ることが不可能だと判明しました。ハピペンです。もう無理!ギブ!

 

計画的に頑張る力をつけなくちゃいけない。

そのトライ&エラーが少ない。

 

若いうちに自分の限界を知っておいた方がいいなあ。どれくらい立ち回れて、どれくらい立ち回れないのか。

 

ただ、過集中能力はあると思う。10Hその場を動かないで文字を見られる。そのあとのダメージがあるけど。

 

でも、面白い。

人は、寝ると身体が勝手に回復する。

そのよりよくいきたいスピリットに感謝です。

気持ちはどんよりでも、生きたいと回復し続ける身体を生かしていこうではないか。

 

そして、この年度末に、激励をよくもらう。

それを受けて立てる人間でありたい。

たとえば、ミスチルに求められるのは10万人の声を受けても地に足つけて立ってられんのかってことだと、渋谷のライブハウスのオーナーに聞いたことがある。

普通の人は立ってられない。と。それくらいの、プレッシャーがあると言っていた。

 

「自分で立つ」ってのは、そういうことだと思う。いろんな歓声を浴びて、それで、その後「立てんのか?」ってことだ。

 

ライブハウスには、「建前」なんか見に来てない。「本音」が見たくて聴きたくて来ている。と。

 

「いや、ここ学校ですよー」

と激しく突っ込まれるまでは、"自分"で立ちたい。

 

大さじと小さじの間の気持ちいいところを突いていけるように。

 

そうそう。倒れないつもりがあるから、踏ん張ってるし、粘るし、諦めないし、そこにいようと思ってるんだ。

 

MAXだ!最高級!最高級を見せるんだー!

 

もう少し学ぶ時間を要する。

まず授業について変化球なく学び中。

 

日々のクラスが豊かになる「味噌汁・ご飯」授業 国語科編

日々のクラスが豊かになる「味噌汁・ご飯」授業 国語科編

 
日々のクラスが豊かになる「味噌汁・ご飯」授業 算数科編

日々のクラスが豊かになる「味噌汁・ご飯」授業 算数科編

  • 作者: 「味噌汁・ご飯」授業研究会,野中信行,小島康親
  • 出版社/メーカー: 明治図書出版
  • 発売日: 2017/07/27
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る