かならず幸せになれるいきもの

特別支援×ブリーフセラピー×アドラー心理学

6日目:授業をはじめられん……。

なんかモヤモヤするー( ̄◇ ̄;)ハピペンです。

「あの人はどんな子どもとも仲良くなれる人なんだから大丈夫よ」と言われる自分はどこいった?

 

どこか構えている可能性がある。

子どもたちをいい感じに収めようとしてんじゃないかと思う。

 

足並みを揃えようとするから焦るだけかな。

 

えーん、何がなにやら……勝手にカオス。

 

まあ、いいや。

とりあえず、教科書終わるか心配なだけです。

 

さて、今日は「りたいにんしき」。

4月になるとちゃっかり異動していた校長先生は、教師になったときからずっと言ってきたことをみんなに告げて去っていった。

 

 

そのずっと言ってきたことが笑ってしまう。

これだった。

人間の仕組み(「気づき」→「考え」→「行動する」) - かならず幸せになれるいきもの

 

そういうフィーリングだったのかー。

  • 気づく目
  • 考える心
  • 行動する体

を手に入れてくださいと。

 

クラスの様子は……。

子どもたちは、週が明けてじゃれ合いが増えたような気がしている。

そういう遊びや運動を体育で入れてあげたい。

 

不安にさせているって可能性もある。明日読み聞かせを始動できるだろうか。

 

写真。

係り決め。

等々、それで1日終わってしまいそう……。

 

国語とか普通にやれる日は来るんだろうか……。