かならず幸せになれるいきもの

特別支援×ブリーフセラピー×アドラー心理学

24日目:かろうじて生き残る。何というかいろいろ気づきすぎるんだな……。

あっちもこっちも塞がった先で出せる答えがあるはずだ。

 

 

それこそ!

 

 

と思うものの、まーったくうまく立ち回れないぞー?

 

 

やたら「気づく」って自信はある。

 

ただ、それはポジティブにもネガティブにも気づきやすいってことで、自分なりにジェットコースターのような感情を行き来しがちだと理解している(一番不安定になりがちで、よくないやつだ)。

 

今は後ろ向きに働いているような気がする。

現実と感情の不一致がある。

 

たとえば、4月の2、3週より聞くようになっているし、帰りの会も早くなったし、活動も楽しんでいる。

 

でも、どこか妙なざわついがあるように思う。それに自分もざわつかせられる。

不安要素はあるが……みんなで成長していくしかないかな。

 

ただ「喋らなくなった時の方が怖い」と言っていただいて少し気がまぎれる。

 

教室の汚さであったり、やってほしいことのやれなさは「根比べ」の部分がある、と。

 

そうか。と思わされる。感謝。

 

少し心が和らぐ。

 

そうかも。

 

ハイスピードで彼らやってるわ。

オレを信じて、だらだらしているのかもしれない。

大丈夫だって信じよう。いいクラスになるって信じよう。

 

とにかく、自分が至らないのではないかと思えて苦しい。

ワンオペなのも辛い。

 

それこそ、こうして自分で振り返るしかない。

 

明日謝ってもう一度やらせてもらいたい授業もある。ほんと失敗した。ショック……。

 

でも、一緒に頑張らせてもらおう!一年走り切ろう!頑張る。もう少し辛抱してみよう。