かならず幸せになれるいきもの

特別支援×ブリーフセラピー×アドラー心理学

45日目:クライシスに強い学級にしたい

この時間に帰ったらさすがに飲むゼリー買っちゃうわ( ̄◇ ̄;)ハピペンです。

 

4月めっちゃ世話になりました。

 

しかし、糖を取りすぎて疲れるような気がして、水で我慢していたが買ってしまった……。

 

やはり、いろいろ起こる。

人と人が生きていればそりゃそうだ。

生憎、怖いものなしではない。

怖いものだらけだ。

 

教師を続けていく難しさをつらつらとネガティブに【教育】 - かっこいい教師

この記事のような気持ちに週2回くらい襲われる。

 

帰って布団に入るとき

ろう下を歩いているとき

子どもと外で遊べなかったとき

朝起きたとき

連絡帳が3つ来たとき

謝ることしかできなかったとき

授業がダメダメだったとき

など、さまざま。

 

学びにつながる「問い」を出さなくちゃなぁ。

 

迷ったけれど、6月に「クラス会議」を入れようと思う。

 

子どもたちで、話し合って問題を解決するステージが必要だと思う。

 

答えのある問題を解くのが好きな子が多いのだけど、なんとか関わりを楽しませたい。

 

どうしたらいいんだか。

 

一人ひとり塾を開かせるかなあ。

どうしたら、win-winになるだろうか。

 

純粋にしたいことを聞いてみるかな。

 

  • 先生に直してほしいところ
  • 先生に助けてほしいところ

なんかを聞いてみたけど、特に出ない。

生活面の問題として他のことは訴えていたが……。

 

自分たちで乗り越えていけるように。

クライシスに強い集団にしていきたい。

何かあってもみんなで乗り越えられるような。

その練習を「クラス会議」でやろう。

 

なんだろうなあ。

もっと一緒に遊ぶ。

なーんか、いまいち楽しめていないなあ。

 

明日から遊ぶ月間にしようかな。