かならず幸せになれるいきもの

幸せな子ども時代を過ごす子どもを増殖させるための哲学と甘い毒。(旧:それでも幸せな人はいるから)

60日目:「うるささ」と「おしたり・たたいたり」と「もの隠し」との戦い

壊れたBeatsxを受け取るために、早く帰ろう!ハピペンです。

 

意外と週末出して、3日くらいで返ってきた。すごいなあ。。。

 

「うるささ」って、なんだか、忍者の名前みたいだね。

 

「赤影」的な雰囲気がある。

 

さて。

 

いやー、気づけば問題が山積しているっちゃしているなー。

 

改めて考えると、ちょっとひどいクラスだわ( ̄◇ ̄;)

 

「うるささ」と戦う

どう戦おうかなあ。自然発生的な課題と。。。

 

要因が分からない。

 

たとえば、授業なんだけれども。。。

ストレスがあるから、おしゃべりで、緩和してるんだよね。どうしよう?

 

どうしたら、おしゃべりが減るんだろう。

 

今日、振り返りのテーマで数値化してもらってみると、教室のうるささが100がmaxで、数字を平均したら78だった。

 

嫌だと思う。

 

こういうのを、参考にしてみるかな。

うるさいクラスを静める方法②:ルールを守ることが自分を守る | みとのや先生日誌:元帰国生だから言える事

 

やっぱり、迷惑ということが明らかになったので、指導していこう。

 

いくつか手を考えた。

 

  • 起立する、迷惑であることを話す。静かづくりの約束をできる子から座る。
  • 私語をどうしてもしたければ、教室の隅などでしていいことにする。
  • 約束したにもかかわらず、移動せずうるさくする場合は、1チェック。3チェックでお家の方に電話。

 

当然、私も授業をよくしていくとして。

 

「おしたり・たたいたり」

これは、私がダメダメ言っても解決できず……。お家の方の力を借ります。

 

 

「もの隠し」

これもどえらい。どう出るかなあ。

手癖の悪い子がいる?相手の気持ちを考えられない子がいる?

 

トータル。ストレスだ。

子どもたちはストレスに負けている。

私はどうしたらいいのかよく分からない。

 

厳しい局面が少なくない。

逆境が嫌いじゃなかったとしても。

 

もう少しきちんと、この本をみて策を試してみよう。別に、発達障害があるってことではないのだけれど、局所的な手立てが書いてあったかと思う。

発達障害のある子のサポートブック (ヒューマンケアブックス)

発達障害のある子のサポートブック (ヒューマンケアブックス)

 

明日が楽しみだ!!