かならず幸せになれるいきもの

幸せな子ども時代を過ごす子どもを増殖させるための哲学と甘い毒。(旧:それでも幸せな人はいるから)

61日目:「ドローゲーム」延長戦だ!!

やけに冷静。

「やけくそ」と冷静さを兼ね備えた「ハピペン」です。

 

昨日、こちらで、強攻策を述べているハピペンです。

60日目:「うるささ」と「おしたり・たたいたり」と「もの隠し」との戦い - かならず幸せになれるいきもの

 

  • 起立する、迷惑であることを話す。静かづくりの約束をできる子から座る。
  • 私語をどうしてもしたければ、教室の隅などでしていいことにする。
  • 約束したにもかかわらず、移動せずうるさくする場合は、1チェック。3チェックでお家の方に電話

 

まあひどい。

 

これが、ひどいことは分かっていて、こうするわけにはいかない。と思っていた。

 

何かある。

決定的な策、万能薬、必殺はないのだけれど、別のやり方があるはずだと思った。

 

「何か変えろ」として、何を変えるか。

 

ワイドショーを垂れ流しにしながら、ワールドカップのゴールシーンのハイライトと、UTAのモデルデビューの話と樹木希林のインタビューを無駄に頭の中に焼き付けて、ぼーっと考えた朝だった。

 

まあ当たり前なんだけれど、

「暇がおしゃべりを呼んでいる」

「C」の子を待てない。

どうするか、どう揃えるか。

ちょっとした時間つぶしをやらせているしかないのかなあ。

「しりとり」でもやって待つか?

 

今、通勤中は、これを読んでいる。

新しい社会と子育て―今なぜ、子育てを学ばなければならないか (あうん叢書)

新しい社会と子育て―今なぜ、子育てを学ばなければならないか (あうん叢書)

 

これを見れば見るほど、罰による指導はよくないと痛感する。

 

なら、どうするか。

 

ハピペンに昨日挙げたような指導ができるわけがないのである。

 

無論、怒鳴るもない。

 

VS.「うるささ」

昨日の振り返りで、「うるさい度」が、数値化された。

 

逆にこれが痛くて、こんなに多くの子がうるさいって感じてたの?!って痛み。

 

それで、昨日は苦しかった。

 

ただ、うるさい度が78.6666と出た。

 

約80のうるさい度。これは、なんとかしなきゃいけない。

 

それを、子どもたちに伝えた。

 

そして、「5、6時間目」にうるさくなりがちなのは、1時間目のツケだと考えた。

 

毎日ペアトークなんかをやっていて、1Hがはじまるのは9:10なことが多い。

 

このツケ、だんだんと、午後に響くのだった。

学期末が近づいて、教科の進捗が心配で焦ってしまうのである。

ざわつきの原因。

 

そのため、この機会に「ペアトークの休止」を宣言した。

 

おしゃべりで毎朝ドーパミンが出ていることに、私の指導力では敵わないのだった。

 

これで、9:00前に1Hをはじめられるようになった。

(逆によく、それで、周りから遅れず、単元進められたな、と自分をほめまくりたい)

 

心のゆとりができる。

 

そして、帰りへの焦りもある。ちょっとぐらい5Hが伸びていい状況ではないのだ。

お家の方にも、帰らせろと言われている。

 

これもきつかった。

いっそのことということで、帰りの会の「みんなからの連絡」をなくした。

本当はとても有意義な時間なのだけれど、実態に合わないっことだと思う。子どもの実態というよりは、子どもの生活する環境の実態にという感じ。

 

これで、帰りも5分早まる。

 

そのできたゆとりでしたことは、

  • ゴミ拾い
  • 次の授業の準備を待つ
  • 姿勢をよくするのを待つ

この3つだ。

 

これで、完璧な授業のはじまりをつくれた。

 

「これが、授業の準備ができた状態ね、知ってた?」

と聞くと「知らなかった〜」と返ってくる。

 

そう、じゃあ、知れて良かったね。

もう応援する語彙が出てこないのだけれど、「できる。うん、できるよ。できるんだよ。それしか言えないんだけど、できるから。できるよ。」

 

そんなことを言っていた。

 

そして、そうすると、不思議と席で静かにできる子がいた。

その子のせいでその子が座れないのではない。ということを感じる機会になった。

 

「ゴミ拾い」は、強力で、少し癖にしたいなあと思った。

放課後、私がそうじをする時間がなくて、よい影響が大きい。

 

そんな感じで、強行的な指導をせずに済んだ。

 

机をコの字にもした。

 

夏休みまでなら、これで走れると思う。

 

 

VS.「おしたり・たたいたり」

お家の方に協力をお願いした。

昨日、話したとのこと。

ちゃんとするとのこと。

 

今日に関しては、0だった。

昨日、トラブルになった子も、今日はよかったと認めてくれた。

もう一人の子もさりげなく、休み時間は、私のそばにいて、被害を減らそうとしていることに気がついた。それでいい、「正の注目」を作り出せる環境を用意しよう。

 

それでいこう。

 

とりあえず「ドロー」だな。

 

ちなみに今日は「もの隠し」はなかった。

こちらも「ドロー」ってことで。

 

突如、現れるチャンス

全然、別サイドの、お調子者が、めちゃきちんとしていた。

机の上が毎時間きれいで、おしゃべりを減らしていた。

「正の注目」チャンスだった。

何度か、「それ!」「素晴らしい!」「イイね!ありがとう!」と言った。

少しは伝わっているといい。

 

もう一人、野次を飛ばしまくる子がいたが、この子に関しては、しばらく、意識して「正の注目」をしたので、ものすごい改善が見られた。

今日、はじめて、自分から自然に牛乳パックを片付けていた。

チャンスだった。気づけてよかった。

「お!うれしい!すごい!成長してるね!」と言うと嬉しそうだった。

 

こういう「ラッキーな日」は必ずある。子どもの問題行動は100%パートタイムだ。

そうじゃないときに気づけるかが勝負だと思う。ふいの変化を捉えられるか。

まあ、それが、とても疲れる。疲れすぎるのだが。

 

隣のクラスも「誉め」が効かなくなってきて、夏休みまでもつか。みたいな話をしていた。

そういう時期なんだ。

そして、こっちの言っていることが全然入らない。その割に、なんでも聞いてくるとも。

 

ああ、同じだ、と思った。

そうなのね。それを乗り越えなきゃいけないのは、皆同じか。

 

ならば、やれることをやれるだけのことをやれるだけやるしかない。到底、周りの先生よりも劣りまくりんぐなのだけれど、それなりに頑張るよ。

 

それに敵う指導力ももってねーよ!

そして、おしゃべりが止まないあの子に、私はもはやネガティブなメガネで視線を向けがちだったのだけど、その理由だかなんだか分からないけれど、その話している相手が「好きなの」ってことだった……

 

 

( ̄◇ ̄;)

 

あー!!そーかい!!

 

その感情に敵う指導力はねーよ!

 

 

この先もずっともてねーだろうなー!

 

 

もう、こっちは、一旦、完敗でいいや。