かならず幸せになれるいきもの

幸せな子ども時代を過ごす子どもを増殖させるための哲学と甘い毒。(旧:それでも幸せな人はいるから)

71日目:私は何のための何を育てているんだろう

私が外に出ると強くなる雨。家から出て最初の交差点で車ズーン、水ザバー。下半分ビショビショ。ハピペンです。

 

靴下もってくりゃよかった。

長ぐつでくりゃよかった。

 

もう笑うしかない。

 

まあ、朝子どもたちに話すネタにはなるか。

というか、した。

 

だから、ビーサンでいさせて、ごめんね。と言うと「ハピペンが悪いわけではないよ!」「ハピペンが悪いわけではないよ!」と連呼している子がいた。愛おしかった。

 

なんとなく「和」になって授業をやっている。

 

「わかんないだらけ」になるかと思った「水のかさ」の勉強もテンポよく進んでいて、おかげさまで、足りないと思われていた時数にゆとりが生まれている。

 

すごい子どもたち。そして、少なからず置き去りにしている子どもたちもいると思う。

 

算数のこと

難しさに直面している。

まだ、お家の方の理解があるから、拾う余地があるが、たとえば、前学年のプリントを用意することは可能。だとして、同時進行でそれも、新しい学びもっていうのはそうとう難しい。

 

そういう算数のポテンシャルがないことが引っかかる。

 

「100マス計算」をやらせようって思いになる。

 

履修主義に陥る。

「分からない」なら救いやすいのだが、定着が見られにくい。というときに、配慮が行き届かずこちらも辛い。

 

素地の問題。

「数える」が足りているかの問題。

「ピンと来ない、補えない、分からない」なのである。

 

諸動作を鍛えること

そもそもあの子はノートを出すのが遅かったのではないか。そんなことを思う。

そこを徹底して、素早くできる力が必要だった。

何にせよ、4月にバッファが多く必要な子たちだと感じた。

それは、ルールが様々な中からやってくるからだった。

私は、雷を落とすように、ルールを示さなければならなかった。

 

今になって、私が話し始めると、すっと静かになれたり、2・3分友だちの話を待つことも平気でできる。大したものだと思う。

 

ただ、諸動作に時間がかかりすぎるよなあ。

 

漢字と音読のこと

「やらせないとできない」このセリフを片手に収まるくらいの人数から聞いた。

 

正直苦しい。

責任のたらい回しみたいに感じる。

 

「やらせてできること」、それってできているんだろうか。と問いたい。

 

まあ、それをモチベートしたり、喚起できないってことは、私の責任なんだよなあ。

 

こういう人間であってほしいって理想を捨てる

未来は予想できない。

子どもは、大人が不安なく生きるための道具ではない。

 

子どもの姿を見て思う、大人の理想とする創造物と差異があるからって、その子が不幸になる保障はない。

 

『どんな人も、生きてさえいれば、人はかならず幸せになれるいきものなのである。』

これは、私の哲学だが。。。

 

たとえば「私が思うようなあの子ではないから、不幸である」は、まったくもってナンセンスな幸福論だと思う。

 

どちらかといえば、切り拓けるか、切り拓けないかの方が問題だし、そう思う「生きたい」に値する世の中だと感じさせられているか、の方が問題だ。

 

彼らが大人になるころの社会は予想できないと言われる。

そんな予想できない未来を生きる子どもたちに、必要という仮説で執拗に何かを強要する意味がまったく分からん。

 

「じゃあ、向いてねーよお前」って話なんだろうけど。。。

 

いや、それもその子の人生だろうよって思う。

 

要は、

「学校は漢字の書き取りを強制する機関ではありません」って話なんだよね。

 

読めるように、書けるように、使えるようにする仕事はあると思うのだけれど。

 

漢字を書かされる力。

やらなきゃいけないことをやらされる力。

(「なんだ。やらなきゃいけないこと」って。)

 

やらなきゃいけないことは「自分から学ぼうとすること」でしかないと思う。

 

つけたいのは「内容をやらされる力」ではないと思うのだよなあ。

 

手段と目的に気をつけて見つめないとなあ。。。

 

私は何のための何を育てているんだろう。