かならず幸せになれるいきもの

特別支援×ブリーフセラピー×アドラー心理学

87日目:久々の教室

脳みそが働かないハピペンです。

このままでは、まずい!!!( ̄◇ ̄;)

 

久しぶりに教室を見ると、、、き、汚い。

 

  • 黒板をもっとクリアにしよう。
  • 掲示を減らそう。
  • 後ろのロッカーの上には何も置かない!

 

などと、いろいろなことが気になった。

こんな環境じゃ学べんわ。

 

子どもたちがいないと、教室にある物たちまで生気を失っていくようである。

 

そりゃそうだ。

 

役割がない。

子どもたちのためだけにある物たち。

意味をもてない。

 

そして、私もそれと全く同じ気持ちなのだった。

 

この自分じゃ子どもたちにとって何の意味もない。指導ができない。気力がない。

 

一学期と二学期の接続に彷徨っている。

水道工事の気分だ。

学期は「川」ではなく、人工的に接続されるものなのだ。

 

作戦がいる。

 

まず、ノート指導が気になった。

子どものノートを見てみて、いつどの単元で何を学んだのか一目で分からない。

 

やばい。

 

その単元でどんな力をつけたのか、一目で把握できる記録がほしいと思った。

 

二学期はじめに「一学期何を学んだっけ?」と問い、ハイライトを作ろう。。。

 

そんなんで、午前中が終わってしまった。

 

午後は、家に引き返し、3Hも昼寝をしてしまった( ̄◇ ̄;)

 

リハビリが必要だ。必要すぎるわ。