かならず幸せになれるいきもの

特別支援×ブリーフセラピー×アドラー心理学

127日目:こんな日がずっと続くといいな!!

今思うと運動会っていう見たことのないものに対して恐怖を感じていたのだなあハピペンです。なんとなく脳機能が低下していたように思う。運動会前の週は反応がにぶかった。にぶすぎたかもしれない。こういう無意識に頭を占領していることに気づけると、意味不明な気持ちの落ち込みに意味づけや理由づけができて、楽なはずだ。

 

どうした?子どもたち!!

やばい!なんか!可愛い!育てがいがある!

 

なんか、私に対して素直さが増している。

 

「気づく力」をほめまくり続けた結果、ここに来て成果を感じているのかもしれない。

 

「成長曲線の遅れ」といわれるようなやつで、それを「やっている」というよりは「自然にできている」という感じがする。

 

友だちがもめていると「理由は?」と仲裁に入る。「すげー」と思った。

 

おかわりのジャンケンで負ければ「まだ次があるから!」と励ます。「すげー」と思った。

 

4、5月なんかは、休み時間に退屈そうであったり、この子たち友だちと関われていなくて不安そうだったり、やばいやばいと思っていた時もあった。

 

しかし、今は意外な組み合わせであったり、いろいろ子の関わりがあって、その時その時にある資源を生かして教室を楽しむみたいな印象がある。

 

コ・ワーキングスペース的なイメージ。1mmだけ、それに近づいたかもしれない。

本当はもっともっとそうなっていって、学びたいときに学びたいことを学ぶぐらいになっていってほしい。

 

なんかね、いい感じなんだよ。みんながみんなを知り始めたってのもあるかな。

あの子と席離してってなった子と一緒に遊ぶ姿もあるしね。知らぬふりして、私は化学反応と変化を期待している。そして、忠実に私を信じている子どもたちに少しでも未来で生きやすくなるための知恵を与えていきたい。

4月に言ったことを使ってくれている子もいて驚く(この子はうちのスペシャルファクター)。

 

面白いって思うことをやたらに注ぎ込んで、もうちょっと沸かせたい。

 

 

 

 

こんな日がずっと続くといいな!!

(これがフラグになってしまわないことを祈ろうーっと。。。)