かならず幸せになれるいきもの

特別支援×ブリーフセラピー×アドラー心理学

153日目:手詰まり

ナラティヴセラピーにインスパイアされているハピペンです。

 

 

よくなって来ている。よくなって来ているが、一番よくなってほしいところがよくなっていない。このやり方ではダメだ。

 

案を考える。

  • アサーティブに気持ちをつたえる
  • 席を大きく変える(そもそもの場所)
  • 席の配置を変える(アイランド型)
  • 問題を外在化する
  • 友だちが手紙を書いて、それを読む
  • 何かされそうになったら、相手をほめまくる
  • 「今」◯◯してなくて「イイネ!👍」とその子に一日一回言う
  • その子dayをつくってみんなでその子の言うことを聞く
  • 居残り掃除を課す

 

ああ、まったくちがう方法がいいかもしれない。

  • 休み時間にドッジボールをやる

とか

 

「何かをどうすると、何がどうなるのか。」

双方が成長して、得られるものがあるストーリーを紡ぎたい。

 

ちょっと、今、ムズいわ。