かならず幸せになれるいきもの

特別支援×ブリーフセラピー×アドラー心理学

204日目:不安と不親切と

すべての人は誰かの不安を拭うための親切のために生きるってのはどうだい?ハピペンです。一番困っている人ベースで。そういう心意気で。そうしたら職場は温かくないだろうか。いわゆる屁のつっぱりあいってのの虚しさを……まあ、もういいんだけどね。

 

花粉の話

もう全然違う話をします。

この時期、咳が止まらん。とよくよく考えるとそう。

 

いつも咳してらー。それが、年内で何月かにももう一回ある。市販の薬を買いたくなるくらい咳が止まらない。

 

なんでだろう、と。

疲労→風邪→咳

とこの忙しさだから、免疫も落ちて、菌に負けたんだなあ。と思っていたが、違う。

 

これ、花粉だ!と今日になって、理解した。

目から鼻からどっかからか、花粉が入ると排出しようと体が反応しているのだった。

 

軽症状ではなく、中等症状に入ると咳のステージがあるとのことだった。知らなかった。

 

そもそもの身体の疲れがすごい。そりゃそうだ。常に免疫系が機能している状態なんだから。

 

抗ヒスタミン剤を買う必要がある。

 

そう、それさえあって、身体さえ回復すれば、成績処理や所見なんて、屁のカッパなのだ。なんの苦もない。そのはずである。

 

明日の自分を信じて。

今日は帰ろう。

 

それにしても。

ああ、不親切な人間になりたくたい。

ブログは不親切だらけなのだけど、せめて現実の世界では親切でいたい。誰かの役に立って、困っている人を助けられる人間でありたい。

 

仕事が苦しいのは、完全にシステムのせいで、しかも、そのシステムについて説明が一切ないからなのだよ。

 

新参が働きやすい職場なら、継続して人が残るよ。そうしたら、結局、自分の首を締めなくてすむじゃない。なんでそうしないかなあ。

 

「お前が、ハピペンだからだろ!」

 

じゃあ、しょうがねえ!!( ̄▽ ̄)