かならず幸せになれるいきもの

特別支援×ブリーフセラピー×アドラー心理学

ある部屋よりも、教室の方が居心地いいわ【月曜日】

なんだかんだ、相変わらず「月曜の憂鬱」とバトルをしてはいる。

 

若干トラウマっていて、今日も何か嫌なことを言われるんじゃないかと、ある部屋に向かって登る階段の脚が重い。

 

去年より嫌じゃないというバイアスがあるせいで、自分が辛いということに気がつきにくい。自分の感情がカモフラージュされてしまっていて、よく自分では分からないのだけれど。些細な仕打ちに、なんだかんだ傷はついているようである。

 

でも、いい人もいるんだから!

去年よりはマシでしょ!

 

そういう掛け声が響くのだけれど。

痛いものは痛い。去年より痛くないから「0」ってことではない。

その我慢しなきゃならないというか、ノーカンにしなきゃいけない分、自分に嘘をつくので余計に苦しいかもしれない。

 

私は「うまくやる必要がある」。だから、自分らしくいてはならない。周りに気を遣って、おんびんに、角を立てずに、居る必要がある。

 

てやんでい!!すぎるぜ!!!

 

んなことは、どうでもいい。

 

オレはオレの違和感を信じる。

 

とりあえず、今日はそういうことで。

 

でも、相変わらず、子どもたちに会うと「月曜の憂鬱」は吹き飛ぶ。

 

それに、今日は何を言われたわけでもない。そういう日だった。

 

私が居心地がいいと思える教室。

子どもたちもそう思ってくれているといい。