かならず幸せになれるいきもの

特別支援×ブリーフセラピー×アドラー心理学

マントル

言うなれば、マントル。

 

見えなくとも、地面の下の奥深くで、うねり活動している。普段は、影響を感じないが、それは、時折、地上へと確かな影響を及ぼす。それは、人の営みに似ている。

 

知らないところで動いていたものが、うごめいていたものが、顔を出して、先へと進む力をくれる。

 

たとえば、踊りを教わりに、他校へ、奥さんと組んでいる先生のツテを頼りに伺うとか。

 

旗を借りたいのだけれど、どうしようと思っていたけれど、あれよあれよとうまく旗にたどり着いてしまうとか。

 

心配は、すぐに解決できるわけではない。

また、すぐに解決できるということが、心配にとって、一番よいことというわけでもない。

不安は、すぐに解消できるわけではない。

また、すぐに解消できるということが、不安にとって、一番よいことというわけでもない。

 

そんな風に、時間は流れて、地球は回っている。

だからと言って、呑気にしていて、何も気にしなくていいというわけでもない。

 

マントルのような、自分の目には映らない、地底の奥底にあるような、根本の根本にあるようなエネルギーが、なんとか私に力をくれて、ほんの少しだけうまくいっている。

 

有り難い。

 

2日目の練習もよかった。

それに、放課後も大人としての練習の機会を得られた。

 

私の感覚で、これくらい理解していて、イメージできていて、体を動かせている実感があれば、子どもたちに教えることができるのだと、よーく分かった。

 

これで、来年など、次回からは少し荷が軽くなるかと思う。

 

まだまだ、今年の準備をしていかねばならぬのだが……。

 

寝不足がエラーを起こしている。

思考が知らないうちに抜け落ちている。

 

訳の分からないミスが始まっている。

打ち合わせ出忘れるとか、算数のページ飛ばすとか。

 

気をつけねば。

 

子どもにもフォローしてもらわないとダメだなあ。