かならず幸せになれるいきもの

特別支援×ブリーフセラピー×アドラー心理学

本当にそうなんだよなあ。そう。本当にそうなんだよ。

一億歩譲って水に流そう。

 

なんでも人のせいにすることを避けよう。

 

 

 

できなかったこと。

教わらなかったこと。

 

は、

 

できるようにさせなかったこと。

教えなかったこと。

 

の罪だ。

 

私はそう思える人間でありたい。

 

悲しい。辛い。苦しい。

何のための言葉かで変わる。

 

この五ヶ月間、話しかけてこなかったくせに。

 

そんなことに正解も不正解もあるかよ。

 

じゃあ、お前が決めろよ。

 

助けにならない批判家が多いんだよ。

お前は誰だよ。

何様だよ。

 

バカか。

 

冷やかし。

笑うこと。

嘲り。

 

「楽しみにしてます。」

だから、バーカーかっての。

 

分からないからやるしかないんじゃないか。

それの何が悪いのか。

何が問題か。

 

やり方に正解があるのなら、先に言え。

それをてめーの常識で片付けるなら、それは常識じゃなかったということだし、その常識から外れそうな人を止めないお前は、だから、誰なんだよって言いたい。

 

しかも、そんな大した常識でもねーだろーし。

何なんじゃ本当に。寄ってたかって、アホか。

 

優しく在りたい。

人で在りたい。

 

助けることができる人でいたい。

手を差し伸べられる人でいたい。

 

冷たくない人でいたい。

一緒にって言える人でいたい。

 

 

何が言いたいんだよ。

自分はお前とは違うってこと?

何のためにそんなことを告げなければならないのだろう……。

 

何が聞きたいんだよ。

いかに至らないかってこと?

至らねーよ、そうに決まってんだろうが。

それで、なんなんだよ。

だから、なんなんだよ。