かならず幸せになれるいきもの

特別支援×ブリーフセラピー×アドラー心理学

Think money,Think life.

マザー・テレサは、「私の仕事を知ることが、私を知る方法でふ。私は私の仕事なのです」と言いました。

p56

とある。

 

「どんな人か?」よりも「何を成したか?」というところだろうか。

 

「どう在るか」よりも「何をやるか」というのにも近いだろうか。

 

最近は(今年度は特に)「在る」が「成す」にもつながっているという文脈を好んでいて、これは、やはり、両輪なのだろうな、と思う。

 

私は10月末くらいによく言っていたことがあって、それもやっぱり、この「在る」と「成す」とか、「居る」と「する」とかに関連しているのだと思った。

私が言っていたのは「あることに課題を感じたとして、何かをする。ただ、その処方箋が相応しいかは分かって難しい」ということだった。

そのマッチング力と選択肢の量によって、教師が担えるものが違うし、その眼こそ教師の専門性だろうと思う。そのための眼を養うことやネタを手に入れる研鑽も力量に入る。

 

「両輪」ということにもう少し触れると、「在る」と「成す」は分離したものではなくて、「在ることで成していることもある」し、「成すことで在ることもある」ということだ。

 

コンテンツ王であればいいわけではないし、在り方が他の人にとって心地よければいいというわけではない。

 

出発点は「在る」でも「成す」でもいいとして、向かう先は学習指導要領であり、子どもたちの最善の利益ということで、そこはブレなければいい(改めて「利益」という言葉が気になるけれど。ここでいう利益。価値化されているものは、一体なんなのだろうか。ここを考えることこそ最善の利益なのかもしれない)。

 

そして、

すべての仕事は、「それは完全に解決できる」と確信しているとき、あなたのより深い部分から行動することができます。

これも深い。「思った通りにやったらいい」と合氣道のお稽古で教わった。そのトライ&エラーに常に学びがあるということ。ただし、その時にただやるのではなくて、落ち着いて静まった状態で考えることは大切とのことだった。技もそう。

 

「『なんとなくやる』っていうのもない」と言っていた。「『氣を入れて』行う」ということ。それが恐らく「これでいこう」とか、「これをやる」とか、「これがいい」とかいう、上で言う「確信」なのだろうと思う。

 

その時、「完全に解決できる」と思う時の行動と、「うーん?これでいいかなあ、どうだろう」と思いながらの行動では恐らく「解決」の物語が変わってくる。

やるなら、「よし!もうこれでいってみよう!」と心を決めたり、開き直ったり、潔く行動に移った方が氣が入り、その瞬間の確信として行動ができ、良い解決につながるのではないか、と思う。

 

その「確信」(本の中では「魂のこもったコミットメント」)の下で、「自分のお金」に焦点をあてるとき、「自分とお金との関係」は、変容を起こすとのこと。

 

どのように稼ぐか、どのように貯金するか、どのように使うか、あるいはどのように投資するか

p65

つまり、改めて感覚として言葉として「お金を手段化する」ことができるということだろうと思う。

 

この消費社会の中で、当たり前にしていることは、自分の人生の命題、目的、目標に適っているか、という「眼(メタの視点)」を手に入れることができるということだ。

 

ブリーフ的に見ると、こんな悪循環を描くことができる。

  • ある「もの」の不足→消費で入手→消費で失ったものを得る

このループを、「不足しているのか」という問いで断つ、消費に対する見方で断つ、失っているのではなく向かっていると捉えて断つ。この3つの断つ視点があって、この本は刺激的なのだと思う。

循環は、

  • 不足していない→消費は叶えたい未来へのギブである→消費失うことではなく世界の中の自分を位置付け再認識していく

というループに移る。

 

それが、「自分とお金との関係」を見ることで起こるということだ。自分は何にお金を使っているのか、もしくは、使ってしまっているのか。何を繁栄させているのか。

これは、時間も同じで、要は自分は何にコストをかけているのか。

 

ブリーフでいうと「解決が問題である」ということにもつながり、

  • コストを「それ」に使うことは「自分を幸せにすること」につながっているのか

という問いになる。誰も幸せにならないことにお金や時間をかけるのでは、みんなが不足主義に呑み込まれてしまうのも仕方ない。不足したと思い込んだ分を他から奪って奪って奪っていけば、一番奪えない人が奪われて終わりである。それが、格差で、未だに苦しんでいる人がいる原因で、貧困を生んでいるのではないか、と思う。

人は奪わなくても幸せになれる。「それなりにあなたらしい未来は平等に誰のもとにも訪れる」し、「誰のもとにも訪れなければならない」はずにもかかわらず、途中で奪取するという横槍が入るか駄々崩れているのが今(ということにしておいてみる)。

 

お金の消費は、確信(コミットメント、自分の人生の目的や意味)の表現であるとすれば、

その人がどれだけの金額でコミットメントを表現したかは、問題ではないのです。それは、自分とお金との関係性において、自分の存在を再認識するという行動、そして、「お金という媒体」を通して行われる、「魂の表現」なのです。

P65

この辺りが面白い。この視点によって、人に変容が起こり得る。

人が学習Ⅱによって、無意識に手に入れてしまっている行動たち。

消費=時間とお金をロスすること。

これをどう考えて行なっているか、どう感じて行なっているか、無意識化している日常の行動に視点のメスを入れることで、場や人を支配している枠組み(論理階型、学習Ⅱ)を越えて、別のルールに移行することができる(可能性がある)。

お金に関する手段の目的化を、手段から目的に(パラダイムシフト)できるってわけだ。

 

大きく括れば私たちには「お金と時間」しかないわけで、それにどういう意味を持たせて、人生を歩んでいくのかは、わくわくする視点だ。そして、既にそれは生まれてからずっとしているわけで、その消費の仕方を見つめることは、これまでの自分史や自分の現在地を確かめることにつながる。「自分のしてしまっていること」に「自分のしたいこと」や「自分のしたくないこと」は含まっているはずであり、「自分のしてしまっていること」から、「自分の展望」を紡ぐことが可能だろう思う。

 

ここに、U理論的に「内側から沸いてくるもの」も関与しているだろうから、この本による変容は、弱くないのだろうと思う。「自分とお金との関係」を改めて俯瞰することって、人生にとって有用なのだなと思わされる。

 

まんまと、65ページで、『ソウルオブマネー』に飲み込まれてしまっているわけだ。この先どう展開していくのか楽しみ。

人類最大の秘密の扉を開く ソウル・オブ・マネー 世界をまるっきり変えてしまう<<お金とあなたとの関係>

人類最大の秘密の扉を開く ソウル・オブ・マネー 世界をまるっきり変えてしまう<<お金とあなたとの関係>

 

 

日中としては……寒いし……「けっ」て思う日。ふんふん。ああ、寒い。