かならず幸せになれるいきもの

おしゃべりによる出現する未来から学ぶ

君だけ見つめ、君からだけ目をそらし

眠いや。

遅寝早起。最悪。

でも、ここで力を出す他ない。

 

やりきるってそういうことなんだろうな。

涙が出そうである。

 

昨日、どう「さすか」っていうのをずっと考えていて、「まだ、手はある」と考えて朝を迎える。

 

まだやっていなくて、論理階型を変えるという視点の手が四つ浮かんでいた。

  1. お願い
  2. 本音でいく
  3. 信用に値するのかのゲーム
  4. 真っ向勝負

 

結局「お願い」にした。これが一番明るいし本音でもあるし、真っ向勝負でもあった。

 

良かったと思う。信じちゃダメだったと思った昨日は、「もっと信じてよかった」という今日になれた。

 

最後に変な方に舵を切らなくてよかった。

 

言い回しも悪くなかった。否定なく、そそのかすことができたと思う。明日にも期待できると思えた。よかった。

 

彼らが良い表情をしていたなら、私は泣いてしまうだろうなと思う。少しは報われた気がして。

 

UVERworld ConneQt 歌詞 - 歌ネット